水川あさみ、山本美月、渡辺えりが壮絶な遺産相続争い 『女系家族』追加キャスト発表

『女系家族』水川あさみ、山本美月ら出演

 宮沢りえと寺島しのぶがW主演を務めるドラマ『女系家族』(テレビ朝日系)の追加キャストが発表された。

 本作は、1963年に山崎豊子によって書かれた、大阪・船場を舞台にした小説をドラマ化するもの。四代続く“女系筋”の老舗木綿問屋『矢島商店』当主・矢島嘉蔵が亡くなり、その莫大な遺産を巡って、総領娘・藤代を筆頭とした女三姉妹による醜くもし烈な争いが繰り広げられようとしていた。そこに突然明らかになる、当主がひた隠しにしてきた愛人・浜田文乃の存在。遺言状に「なにとぞよしなにお取り計らいを」と記されていたことから、複雑な人間模様の糸が絡まりながら物語が進んでいくことになる。映画『愛の流刑地』『後妻業の女』の鶴橋康夫が脚本・監督を務める。

 遺産を巡り、激しくも静かな戦いが巻き起こる矢島家。その渦のど真ん中に座するのが、矢島家当主・嘉蔵の愛人・浜田文乃と嘉蔵の長女で総領娘の藤代という2人の女性。宮沢は文乃、寺島は藤代をそれぞれ演じる。なお、宮沢と寺島の共演は本作が初となる。

 今回発表された追加キャストは、水川あさみ、山本美月、渡辺えり、伊藤英明、余貴美子、長谷川朝晴、山村紅葉、奥田瑛二の8名。水川は、矢島家三姉妹の次女・千寿を演じる。姉である藤代に劣等感を抱き、その思いから藤代を「出戻りの穀潰し」と揶揄。遺産相続争いでは、夫の良吉を操り、少しでも多くの取り分を得ようと暗躍する。山本は、矢島家の三女・雛子役に。やや世間知らずで遺産相続争いにも疎い三姉妹の末っ子を演じる。渡辺はそんな雛子の後ろ盾となる叔母の芳子役を担当。雛子を巧みに操りながら相続分を手中に収めようとする“女系・矢島家”の陰の実力者を怪演する。

 伊藤は日本舞踊の師匠であり、藤代とは恋愛関係にある梅村を演じる。藤代から財産分与のことで相談をもちかけられ、旧知の不動産業者を紹介するなど、ともに裏工作を画策する人物だ。余は、矢島家の大番頭・大野宇市の愛人である小林君枝を演じる。何年にも渡って内縁関係にある宇市から、矢島家の遺産相続にまつわるあれこれを聞くうち、次第にその争いの渦に巻き込まれていくことに。長谷川は千寿の婿である良吉役、山村は文乃の自宅の近所にある薬局の妻・出目金役を担当する。

 奥田は、矢島家に長年大番頭として仕える大野宇市を演じる。嘉蔵が亡くなり、遺言執行人として親族を前に遺言状を読み上げるが、その裏でさまざまな裏工作をし、相続問題をますます混沌とさせていく宇市は、実直そうに見えて狡猾な裏の顔を持つ、『女系家族』きってのクセ者だ。魑魅魍魎ばかりがうごめく矢島家の相続争い。濃厚で強烈な個性を放つ俳優陣が、どのような芝居合戦を見せるのか。

■放送情報
『女系家族』
テレビ朝日系にて、12月に2夜連続放送
出演:宮沢りえ、寺島しのぶ、水川あさみ、山本美月、渡辺えり、伊藤英明、余貴美子、長谷川朝晴、山村紅葉、奥田瑛二
原作:山崎豊子『女系家族』(新潮文庫刊)
脚本・監督:鶴橋康夫
企画協力:一般社団法人山崎豊子著作権管理法人、野上孝子、新潮社
音楽:羽岡佳
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、浜田壮瑛(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
制作協力:角川大映スタジオ
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる