ピエール・ニネ主演『ブラックボックス』2022年1月公開 音声分析官のプロが真相を暴く

ピエール・ニネ主演『ブラックボックス』公開

 ピエール・ニネ主演映画『ブラックボックス:音声分析捜査』が2022年1月21日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定した。

 本作は、音声分析官・マチューのキャリアと命をかけた危険な探求を描いたサスペンススリラー。ある日、ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落し、乗客・乗務員316人全員の死亡が確認された。司法警察の立会いの下、航空事故調査局の音声分析官が、フライトレコーダー通称“ブラックボックス”を開く。いつもなら責任者のポロックに同行するのは、最も優秀なマチューだったが、天才的なあまり孤立していた彼は外されてしまう。だが、まもなくポロックが謎の失踪を遂げ、引き継いだマチューは「コックピットに男が侵入した」と記者会見で発表。やがて乗客にイスラム過激派と思われる男がいたことが判明し、マチューの分析は高く評価され、責任者として調査をまとめるよう任命される。本格的な捜査に乗り出したマチューは、被害者の一人が夫に残した事故直前の留守電を聞いて、ブラックボックスの音と違うことに愕然とする。音声分析官が出した戦慄の真相とは。

 ニネは、音を聞くだけで事件なら犯人の人物像まで割り出す音声分析官のプロフェッショナル・マチューを演じる。そのほか、『夜明けの祈り』のルー・ドゥ・ラージュが、マチューの妻であり新型航空機の認証機関に勤め、夫にも言えない秘密を抱えるノエミ役を担当。また、『私のように美しい娘』のアンドレ・デュソリエが、調査局の冷静沈着なレニエ局長役で出演する。『パーフェクトマン 完全犯罪』のヤン・ゴズランが監督を務めた。

■公開情報
『ブラックボックス:音声分析捜査』
2022年1月21日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:ヤン・ゴズラン
出演:ピエール・ニネ、ルー・ドゥ・ラージュ、アンドレ・デュソリエ
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2021年/フランス/シネスコ/DCP/字幕翻訳:橋本裕充/G
(c)2020 / WY Productions – 24 25 FILMS – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA – PANACHE Productions



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる