MCUフェーズ4のスケジュールが変動 マーベル、DCなどアメコミ映画の今後を整理

マーベル、DCなどアメコミ映画の今後を整理

 こんにちは、杉山すぴ豊です。ここ最近のマーベル、DCのアメコミヒーロー映画まわりのニュースや気になった噂をセレクト、解説付きでお届けします!

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ4の公開スケジュールが少し変わりました。

 結論から言うと、
『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』(2022年5月6日公開)
『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)』(2022年7月8日公開)
『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』(2022年11月11日公開)
『ザ・マーベルズ(原題)』(2023年2月17日公開)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』(2023年5月5日公開)
『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』(2023年7月28日公開)
です。(いずれも全米公開予定日)

 もともと『ドクター・ストレンジ』は2022年の3月25日、そして『マイティ・ソー』が5月6日だったのですが、『ドクター・ストレンジ』が5月6日公開になったため、その後の作品が玉突きで動いたというわけです。

 ただし『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』はもともと2023年の2月17日公開予定でしたが、そこに『ザ・マーベルズ』が来たので押し出された。それなら2023年の5月5日になるはずですが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』はなぜか動かず(=つまり当初の予定通り5月5日公開)、7月28日を新たな公開日としました。言い方を変えれば、『ガーディアンズ〜』と『アントマン』の公開の順番が変わったということです。

 このスケジュールの変更はなにを意味するのか? 実はMCUではないですが、『インディ・ジョーンズ』第5作が2022年夏の公開予定から2023年6月30日公開と1年以上延期されました。

 したがってこの公開スケジュールの見直しはMCUだけの問題ではなく、親会社ディズニー全体の戦略でしょうか?(『インディ・ジョーンズ』はルーカス・フィルムがディズニー傘下なので、次の『インディ・ジョーンズ』映画は“ディズニー映画”です)

 確かにコロナ禍の影響とはいえ、7月に『ブラック・ウィドウ』、9月に『シャン・チー/テン・リングスの伝説』、11月に『エターナルズ』、(全米では)12月に『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』と2カ月おきに立て続けにMCU映画が公開されましたら、少しトーンダウンさせたいのかもしれません。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる