永野芽郁×岡田健史の仲睦まじい2ショット 『そして、バトンは渡された』新場面写真公開

永野芽郁×岡田健史の2S場面写真が公開

 10月29日に公開される永野芽郁主演映画『そして、バトンは渡された』の新場面写真が公開された。

 2018年2月に発売され、累計発行部数100万部を突破している瀬尾まいこのベストセラー小説を、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲が監督を務め映画化する本作。血も時間も関係ない家族関係を描く。

 主演の永野が演じるのは、苗字が4回も変わる数奇な人生をポジティブに捉えながらも、人知れず不安や葛藤を持ち合わせている女子高生の優子。また、優子の血の繋がらない父親・森宮役を田中圭、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女性・梨花役を石原さとみが演じる。さらに、優子の同級生で淡い恋心を抱く存在で、天才ピアニストとして周囲から大きな期待をされている早瀬くんこと早瀬賢人役で岡田健史、梨花の血の繋がらない娘・みぃたん役で稲垣来泉、梨花に翻弄され、梨花とみぃたんの物語に深く関わっていく役として大森南朋と市村正親も出演する。

 公開された場面写真では、永野演じる優子と岡田演じる早瀬くんの仲睦まじげな様子が。制服に身を包み、初々しさを感じる二人が出会ったばかりの高校生時代のカットや、大人になり運命的な再会を果たしてからのもの、そしてある目的を果たすため、優子に“親巡りの旅”を持ちかけられる早瀬くんとのベランダでの2ショットなどが捉えられている。

 高校の卒業式合唱で伴奏を引き受けてしまった優子は、同じく伴奏をすることになった同級生の早瀬くんと音楽室で出会う。彼の弾くピアノの音色に虜になったことをきっかけに、徐々に仲を深めていき、早瀬くんもまた風変りな家族構成の優子に興味津々。お互いの“家族”の形に憧れを抱き、次第に悩みを吐露し合うほど仲を深めていくが、高校卒業後は疎遠になってしまう。しかし、優子が働くレストランに早瀬くんがやってきたことで二人は運命的な再会を果たすことに。やがて早瀬くんは優子の家族に秘められた嘘が明らかになっていく過程においても重要なキーパーソンとなっていく。

 優子が持つ早瀬くんへの感情について、永野は「役としての感情で作るのではなくて、監督と私が持つ(優子の)イメージを上手く摺り合わせて、2人で1人の優子という人間を作っていきました。感情面というよりは技術的な所を話し合うことが多かったので、戸惑うこともありましたが、きっといいものになっていると思います!」と、監督と細かく演技プランを構築したことを明かしている。

1027_soshitebatton_sub01
1027_soshitebatton_sub02
1027_soshitebatton_sub04
1027_soshitebatton_sub03
previous arrow
next arrow
1027_soshitebatton_sub01
1027_soshitebatton_sub02
1027_soshitebatton_sub04
1027_soshitebatton_sub03
previous arrow
next arrow

■公開情報
『そして、バトンは渡された』
10月29日(金)全国ロードショー
出演:永野芽郁、田中圭、石原さとみ、岡田健史、稲垣来泉、朝比奈彩、安藤裕子、戸田菜穂、木野花、 大森南朋、市村正親
原作:瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』(文春文庫刊)
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
インスパイアソング:SHE’S「Chained」(ユニバーサルミュージック)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会
公式サイト:soshitebaton-movie.jp   
公式Twitter:https://twitter.com/baton_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/baton_movie/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる