リドラーにペンギン、キャットウーマンも登場 『THE BATMAN』US版予告公開

『THE BATMAN』US予告公開

 2022年春公開の映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』のUS版予告が公開された。

 本作は、クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマン単独映画。新バットマン/ブルース・ウェイン役には、『ハリー・ポッター』シリーズ、『トワイライト』シリーズ、『TENET テネット』などのロバート・パティンソンが抜擢された。監督・脚本を務めるのは、『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』のマット・リーヴス。

 さらに、ペンギン役に『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ダンボ』のコリン・ファレル、リドラー役に『それでも夜は明ける』『スイス・アーミー・マン』のポール・ダノ、キャットウーマン役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、カーマイン・ファルコン役に『トランスフォーマー』シリーズのジョン・タトゥーロ、そしてアルフレッドとジェームズ・ゴードンを、『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキス、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のジェフリー・ライトがそれぞれ演じる。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』US予告編

 10月17日に行われた世界同時オンラインイベント「DCファンドーム」にて公開されたUS予告では、突如暗闇から現れ、瞬く間に敵を倒していくパティンソン演じるバットマンが、自らの危険を顧みず、ゴッサム・シティを守るため孤独な戦いに身を投じていく様子が描かれる。

 破滅の道を進まんとするバットマン/ブルース・ウェインに歩み寄るのは、キャットウーマン(ゾーイ・クラヴィッツ)。「私たち似てるのかも」とバットマンに優しく囁き見つめ合うシーンのほか、「このままでは、あなた様は全てを失う」と誰よりもブルースの身を案じる執事のアルフレッド(アンディ・サーキス)の姿も確認できる。

 さらに映像では、ヴィランたちも登場。警察に連行される謎の男が去った後のコーヒーカップに「?」と文字が残される意味深なシーンに、「黒くて青くて死んでるモノ なーんだ?」という“なぞなぞ”の言葉など、天才的な知能を持ち、バットマンと戦いを繰り広げるヴィラン“リドラー”(ポール・ダノ)の存在が示唆される。

 さらに、バットマンにとっては最も古い宿敵の一人と言われ、邪悪な心を持つ狡猾な策略家“ペンギン”(コリン・ファレル)は、「俺の勝ちだ!」と爆風を背に車で走り去るも、激しく燃え上がる炎の中からバットマンにバットモービルで猛追され追い詰められるシーンも描かれている。

■公開情報
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
2022年春劇場公開
監督:マット・リーヴス
脚本:マット・リーヴス、マットソン・トムリン
出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライトほか
配給:ワーナー・ブラザース
(c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie/
公式Twitter:https://twitter.com/dc_jp
公式Instagram:https://www.instagram.com/dcjapan



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる