モーリー・ロバートソン、教授役で『日本沈没』出演 小野武彦は松山ケンイチの父役に

モーリー・ロバートソン、『日本沈没』出演

 10月24日放送のTBS日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』の第3話にモーリー・ロバートソンが出演することが決定。また、松山ケンイチ演じる常盤紘一の父親役として小野武彦が出演する。

 1973年に刊行された小松左京の代表作『日本沈没』をドラマ化する本作。大きくアレンジを加え、原作でも描かれていた“環境問題”を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて鮮明に描き出す。さらに、主人公を含め登場人物はオリジナルキャラクターに。2023年の東京を舞台に、沈没という目に見えない危機が迫る中で“見出していく希望”をテーマに描かれる。

 TBSドラマに初出演となるモーリーが演じるのは、地球物理学の世界的権威であるピーター・ジェンキンス教授役。ジェンキンス教授と田所博士(香川照之)は、田所が渡米していた時代にともに研究をしていた旧知の間柄。お互いが「関わり合いたくない」という因縁の関係だが、互いを自分の次に優秀と認め合う仲でもある。アメリカの大学で教壇に立つ世界的権威のジェンキンス教授に、主人公・天海啓示(小栗旬)が“ある理由”で英語でコンタクトをとることになる。この男は天海にとって救世主となるのか、敵となるのか。

 そして、常盤紘一の父で「常盤グループ」を束ねる会長・常盤統一郎役で小野が出演する。生島会長(風間杜夫)の「生島自動車」と同じく、日本のトップ企業の1つである常盤グループ会長の統一郎は、里城副総理(石橋蓮司)と繋がっており、大企業のトップならではの窮地に立たされることになる。

モーリー・ロバートソン コメント

「かつて中学生の時にラジオドラマで聞いていたあの作品から出演依頼が来た……やばい! 急いで中身を調べないと!」ということで過去の映画版を観て撮影に臨みました。
ドラスティックな災害が不意打ちで訪れた場合、人々はどう行動し、どんな選択をするのか? どう自分で自分の身を守るのか? などを考えるきっかけになる作品です。ジャーナリズムが権力におもねり、必要なことをなかなか伝えられない構造も浮き彫りになっています。お楽しみください。

■放送情報
日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』
TBS系にて、毎週日曜21:00~21:54放送
出演:小栗旬、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、高橋努、浜田学、河井青葉、六角慎司、山岸門人、竹井亮介、高野ゆらこ、与田祐希(乃木坂46)、國村隼、小林隆、伊集院光、風吹ジュン、比嘉愛未、宮崎美子、吉田鋼太郎(特別出演)、杉本哲太、風間杜夫、石橋蓮司、仲村トオル、香川照之
ナレーション:ホラン千秋
原作:小松左京『日本沈没』
脚本:橋本裕志
プロデュース:東仲恵吾
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/
公式Twitter:@NCkibou_tbs
公式Instagram:nckibou_tbs



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる