大塚明夫がバトーの特徴を語る 『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターPV第2弾公開

『攻殻機動隊』キャラクターPV第2弾

 11月12日より公開される映画『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』のキャラクターPV第2弾が公開された。

 1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成している『攻殻機動隊』シリーズ。最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻』史上初のフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手がけた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手がけた荒牧伸志によるダブル監督、制作はProductionI.G × SOLA DIGITAL ARTSによるアニメシリーズで、Netflixにおいて、2020年4月よりシーズン1全12話が配信された。

 『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』は、『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン1に新たなシーンを加えて再構成し、全編フルグレーディングを施した一作。『新聞記者』や『ヤクザと家族 The Family』などの藤井道人が監督を務める。主題歌は、シーズン1に続きmillennium paradeが担当。シーズン1のオープニングテーマでもある「Fly with me」のフルサイズを、今回の劇場版のためだけに新たなアトモスミックスを施した。

『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターPV[バトー]

 公開されたキャラクターPV第2弾は、バトーに焦点を当てたもの。バトーは“眠らない眼”と呼ばれる義眼を持つ元レンジャー部隊員で、公安9課では草薙の右腕として部隊を支えている。PVでは、フル3DCGで描かれたバトーのアクションシーンやCVを務めた大塚明夫のインタビュー映像などが盛り込まれている。


■公開情報
『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』
11月12日(金)より劇場公開(2週間限定)
声の出演;田中敦子、阪脩、大塚明夫、山寺宏一、仲野裕、大川透、小野塚貴志、山口太郎、玉川砂記子、潘めぐみ、津田健次郎、曽世海司、喜山茂雄、林原めぐみ、川渕かおり、曽世海司、笠原紳司、岡田地平、武井秀哲、山城屋理紗ほか
原作:士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社 KCデラックス刊)
監督:藤井道人
脚本:神山健治、檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美、佐藤大、大東大介
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
3Dキャラクタースーパーバイザー:松重宏美
プロダクションデザイナー:臼井伸二、寺岡賢司、松田大介
モデリングスーパーバイザー:田崎真允
リギングスーパーバイザー:錦織洋介、井上暢三
エフェクトスーパーバイザー:清塚拓也
ライティングコンポジットスーパーバイザー:高橋孝弥
編集:定松剛
音楽:戸田信子、陣内一真
サウンドデザイナー:高木創
主題歌:「Fly with me」millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
音楽制作:フライングドッグ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
製作:攻殻機動隊2045製作委員会
配給:バンダイナムコアーツ
(c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる