ダコタ・ジョンソンの無茶ぶりに困惑? 『Our Friend/アワー・フレンド』本編映像公開

ダコタ・ジョンソンの無茶ぶりに困惑?

 10月15日より公開中の映画『Our Friend/アワー・フレンド』の本編映像が公開された。

 本作は、2015年に『Esquire』誌に掲載され全米雑誌大賞を受賞したエッセーを映画化した人間ドラマ。2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、過去に生きる希望を失いかけた時に2人から心を救われた親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が一家を支えるためやってくる。2年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交差する中で彼らが見つけた希望とは……。

 マット役を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック、妻ニコル役を『フィフティ・シェイズ』シリーズや『サスペリア』のジョンソンが担当。そして2人の親友デインを『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲルが演じた。

『Our Friend/アワー・フレンド』本編映像

 本編映像では、ニコルとともに過ごせる時間が限られたことを知り、呆然とするマットとデインの様子が映し出される。ニコルはそんなマットとデインを招集。「金髪になりたい。いいえ、青い髪がいいわ」「NY で“レミゼ”を観たい」「謝肉祭に参加して“今年の英雄”を務める」「ケイティ・ペリーとデュエット」……そう言い残して立ち去る彼女を後目に、マットとデインは、チャーミングな彼女らしい難題に目を見合わせ小声でささやき合う。落ち込む2人を励ましながら持ち前のユーモアで包み込む、そんな3人の親密さが伝わるシーンとなっている。

 アフレックは「セリフも全部覚えているけど、そのセリフが信憑性を帯びるまで違うことを言ってみると決めている。ジェイソンは基本的に楽しみたいと考えているから、どっちのやり方にも合わせてくれたんだ」とコメント。対するシーゲルは「(ケイシーは)その瞬間に意識を集中させて結果にこだわることなく自由に探検することができる俳優だ。僕は最初悲しみを掘り下げていくことが最も重要なポイントになると想定していたんだけど、ケイシーと演技を重ねていくにつれ、いかにユーモアが大切かに気付いた。ニコルが生きているうちにちゃんと笑い合うことを意識すると、一緒に過ごす時間を楽しむ瞬間が浮かびあがってくる。悲しいシーンでもなぜか笑い出したり、とかね。それはケイシーがいい具合に揺らぎを持たせて演じることができるからだ。ケイシーからは大いに学んだ」と語った。

 また、ジョンソンは事前の準備を重ねたからこそ、ニコルの病状の重さ、辛さをより感じていたという。「(ニコルは)本当に生き生きとして、才能があって、きらめいていて、特別、でも自分の人生を完全に奪われてしまうキャラクターで女優という職業で彼女に近い場所にいたからこそ難しかった。ニコルは周りの人たちみんなを育む人だった。彼女の軸にあるのはマットと一緒にいることで、どんな出来事が起きても彼らの絆は強くブレることはなかったと思う。またデインへの愛情は他の人にはない大切な特別なもので、ニコルは周りの人たちをそれぞれの形で愛していたんです」と話している。

『Our Friend/アワー・フレンド』場面写真

■公開情報
『Our Friend/アワー・フレンド』
新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかにて公開中
出演:ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、チェリー・ジョーンズ、グウェンドリン・クリスティー
監督:ガブリエラ・カウパースウェイト
脚本:ブラッド・イングルスビー
原作:マシュー・ティーグ『The Friend: Love Is Not a Big Enough Word』
配給:STAR CHANNEL MOVIES
2019年/米/英語/126分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Our Friend/字幕翻訳:神田直美/G
(c)BBP Friend,LLC–2020
公式サイト:https://our-friend-movie.com/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる