『おかえりモネ』『ラジハII』でも活躍 山口紗弥加、姉御肌女優としてセカンドブレイク

山口紗弥加のセカンドブレイク

 しかし、それほどまで売れっ子になった彼女がようやくドラマで主演の座を射止めたのは2018年の『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)でのことである。身に覚えのない不倫スキャンダルをでっち上げられた元女優が、整形をして自分を陥れた元所属プロダクションにマネージャーとして戻り復讐をしようとする作品。正体を隠していることから、表に出している時には笑顔で気さくな雰囲気を保ちながらも、素の部分で一気に表情を落とすという切り替えがドラマのサスペンス色を高めていた。

 そして2019年には『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ系)で再び主演を演じる。母の死をきっかけに法律に基づいた正義を最も重要視するようになった主人公・高規という役柄だが、そのキャラクターのサイコっぷりを山口は好演。正義を振りかざして人を追い詰めるその様子が怖すぎると話題を呼んだ。それに対して、2020年に主演を務めた『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(テレビ東京系)では、未だかつてみたことがないような、無防備さを伴う大人の女性の色気をふんだんに発揮。出演時40歳とは思えないかわいさも含めて、アプリで出会う男の子に翻弄される主人公の魅力は山口だからこそ出せたものだ。ドラマ内容のユニークさに加え、これまで正義感の強い姉御肌キャラで通ってきた彼女が、新たに見せた“すっぴん”のような役柄だったから従来のファンはもちろん、新規ファンの心も掴んだに違いない山口。

 今年も『青のSP ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系)に『ドリームチーム』(NHK総合)、ゲスト出演を果たした『連続ドラマW コールドケース3〜真実の扉〜』(WOWOW)、そして『ラジエーションハウスII』(フジテレビ系)に『おかえりモネ』とすでに5作ものドラマに出演。11月6日放送の『世にも奇妙な物語’21秋の特別編』(フジテレビ系)にも出演することが決まっている。2007年以来の出演となるが、常に旬の役者が出演している『世にも奇妙な物語』に登場すること自体が、彼女のセカンドブレイクを象徴していると言ってもいいだろう。今後の活躍にも期待したい。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00 〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:清原果耶、内野聖陽、鈴木京香、蒔田彩珠、藤竜也、竹下景子、夏木マリ、坂口健太郎、浜野謙太、でんでん、西島秀俊、永瀬廉、恒松祐里、前田航基、高田彪我、浅野忠信ほか
脚本:安達奈緒子
制作統括:吉永証、須崎岳
プロデューサー:上田明子
演出:一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子ほか
写真提供=NHK

■放送情報
『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』
フジテレビ系にて、毎週月曜21:00~21:54放送
出演:窪田正孝、本田翼、広瀬アリス、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、八嶋智人、浅野和之、和久井映見ほか
第1話ゲスト:田中みな実、賀屋壮也(かが屋)、前野朋哉、大津尋葵ほか
原作:『ラジエーションハウス』(原作:横幕智裕、漫画:モリタイシ、GJ/集英社)
脚本:大北はるか
企画:中野利幸
プロデュース:草ヶ谷大輔
演出:鈴木雅之、相沢秀幸、水戸祐介
制作著作:フジテレビジョン
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse2/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる