岡田准一、山田涼介ら新選組メンバーが笑顔で集合 『燃えよ剣』オフショット公開

岡田准一ら笑顔の『燃えよ剣』オフショット

 10月15日に公開される映画『燃えよ剣』のオフショットが公開された。

 本作は、司馬遼太郎の同名ベストセラー小説を『関ヶ原』『検察側の罪人』の原田眞人監督が実写映画化した時代劇。新選組・副長として組織を統率、激動の幕末を駆け抜けた剣豪・土方歳三の半生を描く。岡田准一と伊藤英明のほか、山田涼介、柴咲コウ、鈴木亮平らが出演する。

 公開されたオフショットでは、鈴木演じる新選組局長の近藤を中心に、副長の土方(岡田准一)、一番隊組長の沖田(山田涼介)をはじめ、六番隊組長・井上源三郎(たかお鷹)、土方と同じ副長を務める山南敬助(安井順平)、二番隊組長・永倉新八(谷田歩)、八番隊組長・藤堂平助(金田哲)、副長助勤・斎藤一(松下洸平)、十番隊組長・原田左之助(吉田健悟)ら新選組のメンバーが集結した。

 そんな新選組の中でも、とりわけ固い絆で結ばれていた土方・近藤・沖田の3人を演じた岡田、鈴木、山田。岡田は「鈴木さんも山田君も、それぞれが演じるキャラクター同士で生まれる化学反応みたいなものを一緒に探していけたのかなと思います」と共演を振り返る。

 対する鈴木も、「岡田さんほど映画作りのことを理解している俳優はいないんじゃないか。自分が一番がんばっている背中を見せて、引っ張っていく姿は相変わらず勉強になりました。山田君はとにかく役者に向いてますね。沖田の病気の役作りも本当にずっと自分でやってましたし、素晴らしかったです」と二人を絶賛。

 一方、そんな彼らと初共演を果たした山田も、「鈴木さんは、現場でカメラが回る前からずっと新選組の士気をあげてくださっていて、岡田さんは黙々と隊士一人一人の殺陣をずっと現場で見てくださいました。だから近藤さんが新選組の士気を作って、土方さんがその土台を作っていく、というか、その作業が新選組そのものだ!と。お二人の姿勢がかっこよかったです」と、岡田と鈴木からの共演を語った。

 なお、今回公開されたオフショットは、東京メトロ新宿駅の駅構内通路にて10月17日まで交通広告がとして掲出されている。

■公開情報
映画『燃えよ剣』
10月15日(金)全国公開
出演:岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、尾上右近、山田裕貴、たかお鷹、坂東巳之助、安井順平、谷田歩、金田哲、松下洸平、村本大輔、高嶋政宏、柄本明、市村正親、伊藤英明
脚本・監督:原田眞人
原作:司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫刊)
製作:『燃えよ剣』製作委員会
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝、アスミック・エース
(c)2021「燃えよ剣」製作委員会
公式サイト:moeyoken-movie.com
公式Twitter:@moeyoken_movie
公式Facebook:www.facebook.com/moeyokenmovie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる