『ワンダヴィジョン』アガサ・ハークネスのスピンオフが進行中 今後もMCU作品に登場?

『ワンダヴィジョン』スピンオフが進行中?

 Deadlineによると、マーベル・スタジオはディズニープラスにて、プライムタイム・エミー賞受賞作品『ワンダヴィジョン』のスピンオフ企画を進行中であることがわかった。

 ジャック・シェイファーが脚本・製作総指揮を務めた『ワンダヴィジョン』は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の数週間後を舞台にしたドラマ。ニュージャージー州・ウェストビュー郊外で理想的な生活を送る2人の超能力者、ワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)の行方が描かれる。

 『ワンダヴィジョン』のスピンオフ企画は、キャスリン・ハーン演じるアガサ・ハークネスを主人公とした作品になると思われる。ハーンは、マーベル・スタジオとの間で交わした大型契約に基づき、今回のスピンオフ作品に限らず今後もMCU作品の映画、ドラマシリーズに出演するとされている。

 セイラムの魔女アガサ・ハークネスを演じるキャスリン・ハーンは、今年エミー賞助演女優賞にもノミネート。ハーンはこれまでに2度、プライムタイム・エミー賞にノミネートされている(1回目は『トランスペアレント』)。

 なお、Varietyでは、『ワンダヴィジョン』に続きシェイファーが今回のアガサのスピンオフ作品の脚本と制作総指揮を務めると報道。シェイファーは、マーベル・スタジオ&20世紀テレビジョンとの包括契約を締結している。

参考記事:
Kathryn Hahn To Headline ‘WandaVision’ Spinoff In Works At Disney+ As Part Of Marvel Deal|DEADLINE
‘WandaVision’ EP Jac Schaeffer Inks Overall Deal With Marvel Studios & 20th Television|DEADLINE

■配信情報
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』
ディズニープラスにて配信中
監督:マット・シャックマン
脚本:ジャック・シェイファー
出演:エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー
原題:WandaVision
(c)2021 Marvel



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる