佐藤寛太が怒りを滲ませた険しい表情で拳を突き出す 『軍艦少年』予告編公開

佐藤寛太主演『軍艦少年』予告編

 12月10日公開の映画『軍艦少年』の予告編が公開された。

 本作は、『ギャングキング』『セブン☆スター』などを手がける柳内大樹の青春漫画を実写映画化するもの。映像作品のロケーションとして脚光を浴びる軍艦島を舞台に、心の拠り所とは、魂の救済とは、自身の幸せとは何か、大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく、喪失と再生の物語となる。監督を務めるのは、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)や『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)などの演出を担当したYuki Saito。

 『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ、『イタズラなKissTHE MOVIE』シリーズなどに出演した劇団EXILEメンバーの佐藤寛太が、気の荒い主人公・坂本海星役で主演。『BROTHER』『キングダム』の加藤雅也が、失意に沈む主人公の父・坂本玄海役を演じる。

『軍艦少年』予告

 公開された予告編は、海に浮かぶ要塞のような長崎・軍艦島から始まり、母を失い喧嘩に明け暮れる息子・坂本海星(佐藤寛太)が妻を失い酒に溺れる父・玄海(加藤雅也)の胸ぐらを掴んで壁際まで押し込み、「ここからも逃げんのかよ!」と怒りを滲ませた険しい表情で拳を突き出すシーンに続いていく。やがて、玄海と母・坂本小百合(大塚寧々)が生まれ育った軍艦島に小百合が置いてきた大切なものがあることを聞かされる海星。一方、自分を見失ってもがき苦しむ海星と自堕落な生活を送り続ける玄海に対し、海星の同級生・結(山口まゆ)や友人・純(濱田龍臣)、玄海の幼なじみ・野母崎巌(赤井英和)や同級生・泉(清水美沙)などが厳しくも優しい態度で二人を奮い立たせる。「これは俺と小百合の問題なんだよ!」「じゃあオレは、なんなんだよ!」とぶつかり合う親子の姿が、佐藤と加藤の鬼気迫る魂の熱演で綴られている。

 そして、初披露となる卓真が書き下ろした主題歌「軍艦少年」が流れる中、「喪失と再生を描く魂の物語」というナレーションとともに、哀しい過去から立ち上がる二人が映し出され、「逃げたくない、自分の心から」というテロップとともに、明るい未来を見つめる海星で締め括られている。

 また、軍艦島で前を向く金髪姿に傷だらけの海星を捉えたメイン写真も公開。10月8日より発売されるムビチケカードと特典のオリジナルポストカードのビジュアルも公開。軍艦島を見つめる海星の後姿と、軍艦島で立ち尽くす海星の全身の姿がそれぞれ描かれている。

■公開情報
『軍艦少年』
12月10日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開
出演:佐藤寛太、加藤雅也、山口まゆ、濱田龍臣、柾木玲弥、一ノ瀬ワタル、花沢将人、高橋里恩、武田一馬、赤井英和、清水美沙、大塚寧々
監督:Yuki Saito
脚本:眞武泰徳
原作:柳内大樹『軍艦少年』(講談社『ヤンマガKC』刊)
主題歌:卓真「軍艦少年」(UNIVERSAL MUSIC)
音楽:戸田信子
協賛:エクシア・デジタル・アセット
制作プロダクション:エノン
制作協力:オフィスアッシュ
製作:『軍艦少年』製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ
2021年/日本/104分/シネマスコープ/5.1ch/PG12
(c)2021『軍艦少年』製作委員会
公式サイト:https://happinet-phantom.com/gunkanshonen
公式Twitter:https://twitter.com/gunkanshonen



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる