津田寛治と仲野太賀がカンボジアのジャングルで再現 『ONODA』当時の報道写真と比較

『ONODA』報道写真と場面写真を比較

 10月8日公開の映画『ONODA 一万夜を越えて』より、当時の報道写真と場面写真の比較画像が公開された。

 本作は、第74回カンヌ国際映画祭ある視点部門のオープニング作品として上映された人間ドラマ。太平洋戦争後、約30年目に生還した小野田旧陸軍少尉が、ジャングルでの壮絶なドラマと孤独に打ち勝つ姿を描く。W主演の遠藤雄弥が小野田の青年期を、津田寛治が小野田の成年期をそれぞれ演じ分ける。

 実在の人物である小野田寛郎旧陸軍少尉は、太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて孤独な日々を過ごし、約30年後の1974年、自身が51歳で日本に帰還した。長編デビュー作『汚れたダイヤモンド』でフランス批評家協会賞・新人監督賞のほか数々の賞を受賞した監督、アルチュール・アラリが全編日本語での演出にこだわり作り上げた。

 公開されたのは、鈴木紀夫さんに発見された際の小野田寛郎さんと30年ぶりにジャングルから出た小野田寛郎さんの写真と劇中での同シーンの写真。

 劇中の小野田寛郎(津田寛治)が小塚を亡くし、真の孤独に苛まれていた時、突然目の前に旅人・鈴木紀夫(仲野太賀)が現れる。シャツにジーンズ、靴下にサンダルばきという、約30年の歳月をジャングルで過ごし、今もなお、戦争の中を生き続ける小野田にとっては見慣れない“奇妙な”出で立ちをした鈴木を警戒し、銃を向ける。一触即発の体制で、鈴木は小野田に「話がしたいんです。とても長く、辛いご経験をされたと思います。戦争は終わりました。昭和20年に。小野田さん、どうするおつもりですか。ここに骨を埋めるおつもりですか。日本に、僕と一緒に帰りませんか」と話しかける。この言葉が小野田の長い長いたった一人の戦争を終えるきっかけとなった。小野田寛郎の約30年に渡る潜伏生活の中で最も有名かつ重要な津田と仲野太賀のシーンは2019年の初め、カンボジアのジャングルで一晩中かけて撮影が行われた。精神がジャングルに一体化しているかのような精悍な顔つきの津田に対し、高度成長期の日本の若者らしく健康的かつ社交的な表情を浮かべる仲野の対比が戦争を生きる小野田と平和を生きる鈴木の相容れない状況を表現している。

■公開情報
『ONODA 一万夜を越えて』
10月8日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開
出演:遠藤雄弥、津田寛治、仲野太賀、松浦祐也、千葉哲也、カトウシンスケ、井之脇海、足立智充、吉岡睦雄、嶋田久作、伊島空、森岡龍、諏訪敦彦、イッセー尾形
監督:アルチュール・アラリ
制作:bathysphere productions
配給:エレファントハウス
(c)bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinema
公式サイト:https://onoda-movie.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる