猪塚健太、西野七瀬主演ドラマ『言霊荘』第1話にゲスト出演 呪いの最初の犠牲者に

猪塚健太、『言霊荘』初回にゲスト出演

 西野七瀬が主演を務める、テレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』の第1話に猪塚健太がゲスト出演することが決定した。

 本作は、とある女性限定マンション「レディスコート葉鳥」に住む女性たちの放った言葉が現実になり、“言霊”という“人ならざる者”に住人たちが翻弄されていくホラードラマ。テレビ朝日では毎週土曜夜の「土曜ナイトドラマ」枠で地上波放送、ABEMAでは放送と地上波放送後の全話独占見逃し配信が行われるほか、ABEMA限定オリジナルドラマも制作される。

 猪塚が演じるのは、女性限定アパート「レディスコート葉鳥」1号室に住む作詞家・阿木紗香(三吉彩花)が手がけた曲を歌う歌手・桐嶋漣。「なんと贅沢なことにオリジナルの楽曲を作ってくださり、さらに1曲フルでレコーディングまでしていただきました」という猪塚は、「プレッシャーのなか挑みましたが、みなさんのサポートのおかげで本番の撮影は楽しく演じることができました」と語った。桐嶋は“言霊”の呪いの最初の犠牲者。演じる当の猪塚は「ホラーの醍醐味である“呪いで殺される”というシーンも初体験でき、『言霊荘』ではギュッとたくさん貴重な経験をさせていただきました」とコメントしている。

猪塚健太(桐嶋漣役) コメント

今回、桐嶋漣という歌手の役を演じさせていただいたのですが、なんと贅沢なことにオリジナルの楽曲を作ってくださり、さらに1曲フルでレコーディングまでしていただきました。驚きと同時にかなりのプレッシャーのなか挑みましたが、みなさんのサポートのおかげで本番の撮影は楽しく演じることができました。また、ホラーの醍醐味である“呪いで殺される”というシーンも初体験でき、『言霊荘』ではギュッとたくさん貴重な経験をさせていただきました。
ABEMAで独占配信されるオリジナルドラマ『ある視点~もう一つの言霊荘~』では三吉彩花さん演じる紗香との掛け合いで、本編では見られない桐嶋の本質の部分が明らかになったり、これまで数々のホラー作品を撮っていらっしゃる落合正幸監督にお褒めいただいた”ある表情”なども注目して欲しいポイントですので(笑)、そちらもぜひ見ていただきたいと思います。

■放送情報
『言霊荘』
テレビ朝日系にて、10月9日(土)スタート 毎週土曜23:00~23:30放送
ABEMAにて、地上波放送終了後配信
出演:西野七瀬、永山絢斗、斉藤由貴、三吉彩花、中村ゆりか、堀田真由、森田望智、石井杏奈、内田理央、内藤理沙
脚本:橋本裕志
演出:落合正幸、日暮謙、松川嵩史
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:浜田壮瑛(テレビ朝日)、谷口達彦(ABEMA)、木曽貴美子(MMJ)、村山太郎(MMJ)
制作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日
「ABEMA」URL:https://abema.tv/video/title/87-1298



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる