女性として生きたい父に反抗する娘 『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』日本版予告編

『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』予告

 12月24日より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開される『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』の日本版予告編が公開された。

 デンマーク・アカデミー賞で9部門にノミネートされ、メイクアップ賞、児童青少年映画賞を受賞した本作は、11歳の時に父親が女性になった経験を持つマルー・ライマン監督の長編デビュー作。幸せな家庭で学校生活も楽しく送っていた主人公エマが、ある日突然、両親の離婚と父親からトランスジェンダーであることを打ち明けられるという、トランスジェンダー当事者の父ではなく、10代の多感な娘の視点で描く、ライマン監督の自伝的な物語だ。

 デンマークの郊外で暮らすエマは、地元のサッカークラブで活躍する11歳の女の子。幸せな家庭で充実した日々を送っていた。ところがある日突然、両親から離婚すると告げられたことで彼女の日常が一変する。しかも離婚の理由は「パパが女性として生きていきたい」だった。ホルモン治療によって日に日に女性らしくなるパパのトマスが、やがて性別適合手術を受けるという現実をエマは受け入れられず、ひとり思い悩んで寂しさを募らせ、時にはやるせない苛立ちを爆発させる。「大嫌い。パパなんか死んじゃえ!」。そう叫びながらも、本当はパパのことが大好きなエマが、幾多の葛藤の果てに気づいた自分の気持ちとは。

 本作が映画デビュー作となるカヤ・トフト・ローホルトがエマを演じ、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』『ヒトラーの忘れもの』のミケル・ボー・フルスゴーがパパのトマス/アウネーテ役を担当。ライマン監督は、トマス/アウネーテの役は男性でもあり女性でもあることを示したかったと言い、男性の身体から自身の女性性を見出すことができるような身体性を持った人を探すことが重要だったため、当初からトランスジェンダーの役者の起用は考えたことがなかったと語っている。

映画『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』日本版予告編

 このたび公開された日本版予告編は、冒頭に愛のつまった懐かしいホームビデオが登場し、誰が見ても幸せそうで仲睦まじい家族の様子が伺える。しかし突然、家族全員が揃った食事時に娘たちは両親から離婚すると告げられ、エマと姉のカロリーネは一瞬にして凍りついたように固まってしまう。しかも離婚の理由は“パパが女性として生きていきたいから”。「なら何で子供を!」と、エマはパパの気持ちが全く理解できない。後日設けられた家族カウンセリングでは、エマが顔をマフラーでぐるぐる巻きにして対面を拒絶する姿が描かれ、これからはアウネーテと呼んでほしいと言うパパを受け入れることができない。中盤以降はサッカークラブの懇親会でエマはお酒を飲んでしまう事態に.…..。「パパなんか死んじゃえばいい」と、感情のままにひどい言葉をぶつけてしまうエマ。エマとパパの関係はどうなってしまうのか。幾多の葛藤の果てに気づいたエマの本当の気持ちとは。

■公開情報
『パーフェクト・ノーマル・ファミリー』
12月24日(金)新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督・脚本:マルー・ライマン
出演:カヤ・トフト・ローホルト、ミケル・ボー・フルスゴー、リーモア・ランテ、ニール・ランホルト
配給:エスパース・サロウ
後援:デンマーク王国大使館
2020/デンマーク/デンマーク語・英語/ビスタ/カラー/5.1ch/97分/PG12/原題:En Helt Almindelig Familie/英題:A Perfectly Normal Family/日本語字幕:中沢志乃
(c)2019 NORDISK FILM PRODUCTION A/S
公式サイト:pnf.espace-sarou.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる