『正義の天秤』は法廷ドラマとして異色? 亀梨和也が北山宏光の心を動かした第1話

『正義の天秤』は法廷ドラマとして異色?

 天才外科医の転職先は、弁護士。そんな異色の経歴を持つ弁護士がさまざまな事件の真相を暴いていく新ドラマ『正義の天秤』(NHK総合)が、9月25日よりスタートした。主演は亀梨和也(KAT-TUN)。亀梨はNHKドラマ初出演・初主演でありながら、この難しい役どころに挑戦する。

 鷹野(亀梨和也)が招聘された名門・師団坂法律事務所は、担当する業務内容ごとに弁護士が配属されており、鷹野は刑事事件専門の「ROOM1」所属となる。しかし、この「ROOM1」による利益は、法律事務所全体のわずか2%で、リーダーであった佐伯真樹夫(中村雅俊)の急死によって、所属していた弁護士もどんどん減ってしまっていた。鷹野はこの状況を「万年最下位で球団売却の危機にあるプロ野球チームと同じ」、残っているメンバーを「戦力外チーム」と表現。また、真樹夫の娘で、新米弁護士の芽依(奈緒)とともに今回の被告人と接見した鷹野は、芽依に意見を求めるが、論拠が弱い意見を言う彼女に対して、「2軍だ……3軍だ……練習生以下だ」と辛辣な評価を告げた。

 鷹野を演じる亀梨は、幼い頃から野球に没頭していたことで有名だ。小学6年生の時には軟式野球の世界大会に出場したこともある。芸能界で活躍するようになってからはその野球熱を活かして、『Going! Sports&News』(日本テレビ系)ではスポーツキャスターを務め、プロ野球のコーナーを持つこともあった。だからこそ、亀梨が鷹野として随所で使う「野球のたとえ」には、どこか強い説得力を感じる。

 鷹野のキャラクターだけではなく、このドラマは法廷ドラマとしても異色だ。鷹野は「弁護は治療だ!」と主張する。事実を追い求め、被告人の魂を救済していくことが最大の目的なのだ。だから、被告人が有罪となることもある。弁護士ドラマだからといって、困難な状況から無罪を勝ち取るという一辺倒な描き方になっていないところが、このドラマのおもしろいところである。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる