佐久間由衣×奈緒、初共演で築いた特別な関係性 「そのまんまの自分をいつでも見せられる」

佐久間由衣×奈緒、初共演で築いた特別な関係

 芥川賞作家・津村記久子の同名小説を映画化した『君は永遠にそいつらより若い』は、日常の裏に潜む社会の闇を描き出す。『スプリング、ハズ、カム』の吉野竜平が監督を務めた本作で特に印象的なのは、同じ大学に通う学年違いの2人、堀貝(ホリガイ)と猪乃木(イノギ)が築いていく、特別な関係性だ。ホリガイを演じた佐久間由衣とイノギを演じた奈緒に、その関係性を築いていく上で考えたことについて話を聞いた。【インタビューの最後には、コメント動画&サイン入りチェキプレゼント企画あり】

佐久間「ホリガイとイノギさんは言葉にできないような関係性」

ーー今までに観たことがないタイプの素晴らしい作品でした。ホリガイとイノギのことをずっと見ていたいと思えるような。

佐久間由衣(以下、佐久間):ありがとうございます。私も一人の観客として「本当にいい映画だな」と純粋に思いました。あと、今回で言うとホリガイとイノギさんですが、誰かの日常を覗き見してしまったような感覚があって。でも、その先にも2人の人生は続いていて、私にもこの映画を観た後の人生が続いている。そんなことを考えながら感動しました。

奈緒:私はもともと原作を読んでいて、「この世界で生きていこう」というメッセージをすごく感じていたのですが、その原作にあった強い投げかけを伝えられる映画になったんじゃないかなと思いました。あと、ホリガイさんとイノギさんの関係性が、友情とも家族とも違う、私が今まであまり見たことのないもので、その距離感とお互いにとっての存在がすごく美しいなと。「人と人ってこういう関係性が築けるんだ」と希望が感じられる映画になったと思います。

20210925-sakumayui-nao-03
20210925-sakumayui-nao-04
20210925-sakumayui-nao-05
previous arrow
next arrow
20210925-sakumayui-nao-03
20210925-sakumayui-nao-04
20210925-sakumayui-nao-05
previous arrow
next arrow

ーーやはり惹かれるのはホリガイとイノギの関係性でした。奈緒さんがおっしゃるように、友情や家族とも違うように見えるし、そうにも見えますよね。

佐久間:難しいですよね。本当に言葉にできないような関係性だと思いながら演じていました。男の人とか女の人とか関係なく、なぜか惹かれてしまう人って現実世界にも実際にいると思うんです。ホリガイとイノギさんは似たような価値観を持っていて、初めて出会ったときにお互いシンパシーを感じたのかなって。お互いのことをあまり深く知らないからこそというのもあるし、なぜかイノギさんの前ではすごく心を開いている自分がいることに、ホリガイは一緒にいながら気付いていき、特別な存在になっていく。言葉にはできないソウルメイトのような関係なんだと思います。

ーー2人の愛を描くシーンもありましたが、恋愛感情についてはどう捉えていましたか?

佐久間:私はホリガイがどういう人を好きになるかをはっきりと決めずに演じていました。そのとき心の扉を開きたいと思ったのがイノギさんで、開いたうえで背中を押してくれたのがイノギさんだったのかなと。

奈緒:イノギさんは、ホリガイさんに対してずっと共感と憧れを持っていたんだと思います。自分が演じていたときに考えていたのは、イノギさんにとってホリガイさんは、初めて会う人だけど、何だか同じことを考えているような気がする人、ということでした。ものすごく共感はあるんだけど、イノギさんは自分自身の過去に囚われているところがあるので、誰かを助けようと立ち向かっているホリガイさんのことがすごくカッコよく思える瞬間もあるし、自分とは違うからこその憧れもある。いずれにせよ、一緒にいることでお互いが救われている感覚はありました。

ーーお二人は、ホリガイにとってのイノギ、イノギにとってのホリガイのような人と出会ったことはありますか?

佐久間:私には2人のような関係性と言える人はいないですね。もちろんお友達や家族など、支えてもらっている人はたくさんいますけど、ホリガイとイノギさんのように、魂を捧げてまで血の繋がっていない他者に対して優しくなれるっていうのは、なかなかできないことだと思います。

奈緒:私にとってこの2人の関係性って、今ある言葉で説明したくないような関係性なんですよね。友達とも少し違うし、恋愛感情ともまた違うと思っていて。私の周りの人との繋がりで言うと、仲間だったり友達だったり家族だったり、やっぱり関係性を説明できてしまう人がほとんどなので、イノギさんを自分自身に置き換えたときに、ホリガイさんのような存在とはまだ出逢えていないかもしれません。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる