マット・デイモン×ベン・アフレック、『最後の決闘裁判』秘話と24年ぶりのタッグを語る

 10月15日に日米同時公開される映画『最後の決闘裁判』に出演するマット・デイモンとベン・アフレックのインタビューが公開された。

(左から)マット・デイモン、ベン・アフレック

 本作は、アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるデイモンとアフレックによる脚本を、『ブレードランナー』『オデッセイ』のリドリー・スコットを監督に迎え映画化したもの。

 『オーシャンズ』シリーズ、『ボーン・アイデンティティ』シリーズなど数々の人気作に出演し、アカデミー賞では主演男優賞をはじめ多数のノミネート経験を持つデイモン。同じくアフレックも、『ゴーン・ガール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』など多くのヒット作に出演し続けるだけでなく、『アルゴ』では監督としての手腕も発揮し、第85回アカデミー賞では見事作品賞を獲得した。

 彼らがハリウッドに名を轟かせたきっかけは、24年前、共同で脚本を手がけ、第70回アカデミー賞脚本賞受賞を果たした『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』。デイモンとアフレックはともに俳優としても出演し、デイモンはこの作品で、アカデミー賞のほか、ゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞で主演男優賞にノミネートされた。

 そんな2人が24年振りにタッグを組んで脚本を手がけた本作。デイモンは、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の脚本を手がけた当時について、「僕たちは20歳とか22歳だった。あの頃はとても非効率的だったんだ。キャラクターのことは理解していても構成というものが分かっていなかったからね。脚本を何千ページと書いても、完成した映画の中では全然使われなかった」と膨大な時間と労力を費やして脚本を仕上げた裏話を明かし、「それがきっと、こんなに⻑く脚本を書くことから離れていた理由なんだ。二人とも忙しくなってそんな非効率なことはできなくなっていたからね」とこれまで脚本を手がけてこなかった理由に言及。

 それに対し、本作の脚本作りは「あの頃とは全く違うプロセスだった」と振り返り、「物事がとても素早く進んでいくことに驚いた。今回の脚本は6週間くらいで仕上がって……」と制作秘話を明かしている。

 デイモンとアフレックの2人から指名される形で本作の監督に就任したスコット監督は、「(デイモンは)とりつかれたように『羅生門』の話をしていたよ。私は一つの行為が登場人物3人の視点で、それぞれ描かれるというポイントに惹きつけられたんだ」と彼らが作り上げた脚本に絶賛を寄せた。

 登場人物3人の視点で物語が描かれる本作では、決闘裁判に臨む騎士カルージュ(マット・デイモン)とル・グリ(アダム・ドライバー)の脚本パートをマットとベンが担当し、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリット(ジョディ・カマー)のパートを担当する形で、ニコール・ホロフセナーが脚本に加わっている。アフレック曰く、「勇敢で強さを持ったキャラクターのマルグリットに惹かれたんだ。今日的な意味があって、とてもワクワクして、カタルシスや共感をもたらす物語なんです」と原作の魅力を明かしつつ、「何が本当のことなのかを知るためにリサーチし、映画にまとめる中で、ジョディ演じるマルグリットのパートを書き上げるには女性が書かなければいけない」と感じていたという。

■公開情報
『最後の決闘裁判』
10月15日(金)全国公開
監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガー(『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』)
出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios.  All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる