秘密を抱えた5人の男女が思いもよらぬ形で繋がっていく 『悪なき殺人』予告&ビジュアル

 12月3日に公開される映画『悪なき殺人』の日本版キービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、2019年の第32回東京国際映画祭にて『動物だけが知っている(仮題)』のタイトルで上映され、観客賞と最優秀女優賞(ナディア・テレスキウィッツ)を受賞したフランス映画。『ハリー、見知らぬ友人』でセザール賞を受賞し、25年のキャリアのうち製作本数はわずか6作という寡作作家ドミニク・モル監督の、『マンク 破戒僧』以来10年ぶりの日本公開作となる。

 フランスの山間の人里離れた町で、吹雪の夜にある女性が失踪し、殺された。疑われたのは、農夫のジョセフ、ジョセフと不倫する女アリス、そしてアリスの夫ミシェル。たったひとつの“偶然”が連鎖し、悪意なき人間が殺人者になる。この失踪事件を軸にして、5人の男女がリアルタイムで繋がっていることが紐解かれていき、壮大なミステリーに絡んでいた事実が次第に明らかになっていく。フランスの雪深い山間の田舎で起きた事件は、遠くアフリカのコートジボワールと繋がっていたのだった。

 公開されたビジュアルは、吹雪の中で“ある男”が“死体”らしき人間を背負うシーンが印象的に扱われており、果たしてこの男が犯人かと思わせる。

映画『悪なき殺人』予告編

 あわせて公開された予告編では、思いもよらない形で繋がっていく秘密を抱えた5人の姿があらわになる。“疑われる男”は、フランス小さな町で起こった女性の失踪事件を第一に疑われたジョゼフ。そして“夫を裏切る妻”は、そのジョゼフと不倫関係にあるアリス。“秘密を持つ夫”は、アリスの夫ミシェルであり、どうやら出会い系のネットで不倫をしている様子……。見知らぬ人たちが予期せぬ形で繋がり、小さな町で始まった小さなミステリーが、世界をまたぐストーリーへと発展していくさまが描かれている。

■公開情報
『悪なき殺人』
12月3日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
12月4日(土)デジタル公開
監督:ドミニク・モル
出演:ドゥニ・メノーシェ、ロール・カラミー、ダミアン・ボナール、ナディア・テレスキウィッツ
配給:STAR CHANNEL MOVIES
2019年/116分/カラー/シネスコ/5.1ch/R15+/フランス語、ヌシ語/フランス、ドイツ合作/原題:Seules les Bêtes/英題:Only the Animals/日本語字幕:高部義之
(c)2019 Haut et Court – Razor Films Produktion – France 3 Cinema visa n° 150 076



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる