アンドリュー・ガーフィールド、『スパイダーマン』リーク写真を否定 「あれはフォトショ」

 『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでスパイダーマン/ピーター・パーカー役を演じたアンドリュー・ガーフィールドが、マーベル・シネマティック・ユニバース作品『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にまつわるリーク写真について言及した。ガーフィールドは終始困惑し、ついには問題の写真を否定しているが……。

アンドリュー・ガーフィールド(写真:Shutterstock/アフロ)

 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、トム・ホランド演じるピーター・パーカーが、自分がスパイダーマンだという事実を暴露され、ドクター・ストレンジに「なかったことにしたい」とお願いするも、時空に歪みが発生。サム・ライミ版『スパイダーマン2』(2004年)からドクター・オクトパス(アルフレッド・モリーナ)が再登場するなど、複数の時系列が交錯する“マルチバース”が本格導入される見込みだ。これを受けては、早くからサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズのトビー・マグワイア、そしてアンドリューの再登場が待望され、実際に「再登場する」との噂も流れていた。

 極めつけは、先日SNSで拡散された映像だった。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のセットから流出したとされる動画には、トビーとアンドリューがスパイダーマンのスーツに身を包んでいる様子が映っていたのである。

 このたびテレビ番組『Tonight Show』にて、司会者のジミー・ファロンは、ゲスト出演したガーフィールドに「あなたとトビーが『スパイダーマン』のセットにいる写真が出回っていますね」と言及。するとガーフィールドは、怪訝そうな表情を浮かべながら「なんのことかわからないんですが……」と反応した。ファロンは「私たちにはわかってますよ、わかってるんです。あなたはわかってます?」と聞けば、ガーフィールドは大笑い。ここでファロンが「あなた、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に出てますね。おめでとうございます!」と詰め寄るや、ガーフィールドは「えっ、待って! なんのことですか」と抵抗した。

Andrew Garfield Speaks Out on Spider-Man: No Way Home Rumors | The Tonight Show

 諦めないファロンが尋ねたのは、問題の写真をガーフィールドが見ているかどうかだ。ガーフィールドが「なんの話です?」と笑いながら尋ね返すと、ファロンは「なるほど、あなたは写真を見てないでしょうね。だって、あなたが写真の中にいる張本人だから」と推理。ガーフィールドが「ええ、写真の中にいたらその写真は見られない……」と同調すると、ここでジミーも爆笑する。「僕、最低の探偵ですね。『あなた、そこにいるのにどうやって写真に映ったんだ!』なんて」と言えば、両者ともに腹を抱えて大笑いである。

 そもそもガーフィールドは、現在まで『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』への出演を一貫して否定してきた人物だ。今回は「写真を見せてもらえれば、それが本物かどうか言えますよ」と自ら解決策を提案。これにジミーが「もう削除されているんです」と答えると、ガーフィールドは「都合が良すぎるぞ、探偵ファロン!」と口撃した。ファロンが「そうですけど、みんな見てるんで」と応じると、いきなりガーフィールドは供述の内容を変えてみせる。「その話は聞いたことありますし、実際に見たこともあります。それ、フォトショップですよ」。スタジオから落胆の声が上がると、ガーフィールドは「期待に応えようとしているんですけど!」と笑った。

 結局のところ、今回も出演を否定したガーフィールドに、ファロンは「映画を撮り直すべきですよ」と一言。ガーフィールドは「こんな製作終盤に声をかけてもらっても、僕はこうやってジャージ姿で座っているだけだし」と応じた。

 ちなみに、もちろんガーフィールドも『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編は見ている模様。トム・ホランドを「完璧なピーター・パーカーであり、スパイダーマン」だと称え、今では一人のファンに戻れたことを喜んでいるようだ。「客席に座って『やっちまったね、トムホ』、『ダメだよね、もっとうまくできたでしょ』とか、『このスーツは好きじゃない』とか、そういうことを言えるほうが楽しいですから」と冗談を言って会場を再び笑わせた。

 果たして噂の通り、アンドリュー・ガーフィールドは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場するのか。それとも本人の供述通り、まったく姿を見せないのか?



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる