井之脇海×松本穂香の出会いに山崎育三郎の指揮シーンも 『ミュジコフィリア』本予告公開

 11月12日に京都先行公開、11月19日に全国公開される映画『ミュジコフィリア』の本予告が公開された。

 本作は、さそうあきらによる、『神童』『マエストロ!』に続く音楽シリーズ3部作の最終作を映画化した青春群像劇。京都の芸術大学に音楽へのコンプレックスを持って入学した主人公・朔が、ひょんなことから現代音楽の世界に身を投じ、さまざまな出逢いを経て自分の音楽を創り上げていくさまを、美しい風景や音で満ちている京都を舞台に描く。

 主人公・朔を長編映画初主演となる井之脇海が演じるほか、朔の異母兄・大成役で山崎育三郎、朔に想いを寄せるヒロイン・凪役で松本穂香が出演する。脚本・プロデューサーは『太秦ライムライト』の大野裕之が担当し、『時をかける少女』『人質の朗読会』の谷口正晃が監督を務める。

 公開された本予告では、朔(井之脇海)と凪(松本穂香)の交流やオーケストラの指揮を執る大成(山崎育三郎)の新シーンが。また、石丸幹二、神野三鈴、濱田マリらキャストの姿や、朔が求める“音楽とは”の答えを秘めた一本の鍵の存在が描かれている。

映画『ミュジコフィリア』本予告

■公開情報
『ミュジコフィリア』
11月12日(金)京都先行公開、11月19日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:井之脇海、松本穂香、川添野愛、阿部進之介、縄田カノン、多井一晃、喜多乃愛、中島ボイル、佐藤都輝子、石丸幹二、辰巳琢郎、茂山逸平、大塚まさじ、杉本彩、きたやまおさむ、栗塚旭、濱田マリ、神野三鈴、山崎育三郎
原作:さそうあきら『ミュジコフィリア』(双葉社刊)
脚本・プロデューサー:大野裕之
監督:谷口正晃
主題歌:松本穂香「小石のうた」(詞・曲:日食なつこ)
主題ピアノ曲:古後公隆「あかつき」「いのち」
チーフ・エグゼクティブ・プロデューサー:柴田真次
制作:フーリエフィルムズ
製作幹事:劇団とっても便利
配給:アーク・フィルムズ
特別協賛:伊藤園
協賛:キャビック、お弁当のいちばん、小室整形外科医院
後援:京都市
特別撮影協力:京都市立芸術大学
2021年/日本/113分/シネマスコープ
(c)2021 musicophilia film partners (c)さそうあきら/双葉社
公式サイト:musicophiia-film.com
公式Twitter:@musicophilia_21
公式Instagram:@musicophilia_21



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる