最強忍者の過去が明かされる!? 『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』本編&メイキング映像

『G.I.ジョー』本編&メイキング映像

 10月22日に公開される映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』の特別映像が公開された。

 本作は、世界的な人気を誇るアクションフィギュアをもとに映画化され、ハイテクガジェットや特殊マシンを駆使し世界を守る最強の戦闘エキスパートチーム“G.I.ジョー”と、世界支配を目論む悪の組織“コブラ”の戦いを描き、全世界興収がシリーズ累計6億7,700万ドル(約737億円)を突破したアクション映画の最新作。本作では、刀と銃を武器に戦い“G.I.ジョー”最強の戦闘能力を持つ、シリーズ人気No.1の漆黒の忍者ヒーロー“スネークアイズ”が主人公に。漆黒のマスクで正体を隠し、これまで謎に包まれてきたスネークアイズ誕生の秘密が明らかになる。

『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』特別映像

 このたび公開された特別映像は、若き日のスネークアイズとストームシャドーの出会いと特別な関係性に迫る内容のものだ。冒頭、白のコスチュームに身を包んだストームシャドーが刀を一閃、黒のスーツのスネークアイズが身構える姿が映し出される。2人の最強忍者の剣術スタイルは、スネークアイズはストリートファイトのような野性味で溢れ、“名刀・曙光”を振りかざす。一方のストームシャドーは二刀流を駆使するシャープな身のこなしとスピードで忍者エリートな個性を際立たせる。

 スネークアイズ役に抜擢されたヘンリー・ゴールディングが、「スネークアイズとストームシャドーはすごく面白い関係だ。ラリー・ハマが参加し、お墨付きをもらえた」と、原作者のお墨付きで若き日を描くオリジンストーリーに挑んだ。生みの親であるラリー・ハマが登場すると、『G.I.ジョー』シリーズの人気キャラクターがコミックから飛び出す。「私のコミックは人物が中心だ。好きなキャラクター目当てに読み続けてもらえた」と『G.I.ジョー』が長年愛され続ける理由を分析し、本作で「スネークアイズとストームシャドーは旧友にした」ことを明かす。

 「スネークアイズに救われ、修行に連れ帰る」と2人の出会いを語るのは、ストームシャドーを演じたアンドリュー・小路。絶体絶命のピンチで救われた彼は、スネークアイズを嵐影へと案内することになる。さらにラリー・ハマが「スネークアイズとストームシャドーは義兄弟にした」と語る。

「陰と陽、黒と白の忍者だ」という小路のコメントに続き、「兄弟はお前だけだ」とストームシャドーが声をかけると、スネークアイズが「借りは命に代えても返す」と応じて固い握手を交わす。2人の関係をリアルに描くために日本で長期ロケを敢行、名城を舞台にしたアクションや爆破シーンなどのメイキング映像も収められている。映像は、「コミックの枠を超えた物語の先に広がるのは、G.I.ジョーの新境地だ」とゴールディングの自信に満ちたコメントで結ばれる。

■公開情報
『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』
10月22日(金)全国ロードショー
出演:ヘンリー・ゴールディング、安部春香、アンドリュー・小路、ウルスラ・コルベロ、サマラ・ウィーヴィング、平岳大、イコ・ウワイス
監督:ロベルト・シュヴェンケ
スタントコーディネーター・アクション監督:谷垣健治
エグゼクティブプロデユーサー:エリク・ハウサム
配給:東和ピクチャーズ
(c)2021 Paramount Pictures. Hasbro, G.I. Joe and all related characters are trademarks of Hasbro. (c)2021 Hasbro. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる