『TOKYO MER』音羽が生気を失った喜多見を救う? 最終回放送への期待

『TOKYO MER』最終回への期待

 前話で初めて“死者1名”が出てしまった日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)。しかも、それはテロリストのエリオット・椿(城田優)からのあからさまな悪意によるもので、チーフドクターの喜多見(鈴木亮平)にとって唯一の肉親である妹・涼香(佐藤栞里)は命を落とす。かつて喜多見が椿のために消毒液を入れて渡した水筒に爆弾が仕込まれていたのだ。

 これまで幾多の苦難にも、また自己保身ばかりの政治家や縦割り組織のせいで目の前の命の灯火が残酷にも消えかかっている時でさえ、喜多見は怒ることも泣くこともなく、ただただ諦めずに一心に救助活動に当たってきていた。そんな喜多見が、涼香が助からないことがわかった瞬間、子どものようにおいおい声を上げて泣く姿に、悲しみと同時にショックを覚えた視聴者も少なくなかったのではないだろうか。あの瞬間、喜多見の中で何かが崩れ去る音がした。

 元々、赤塚知事(石田ゆり子)によって発足された救命医療のプロフェッショナル集団MER(Mobile Emergency Room)。これまでその存続を阻もうと白金厚労大臣(渡辺真起子)やその後ろ盾である民自党幹事長の天沼(桂文珍)などがあれこれ画策してきたが、尽くそれをはねのけ、当初は彼らによって送り込まれたスパイ的存在だった医系技官の音羽(賀来賢人)をも巻き込みいつの間にか“最強のチーム”に育っていた。

 そんな最中、最終承認まであと一歩のところで、当初敵陣営が望んでいた通り、MERは喜多見による求心力を一気に失う。これまで我が身の危険を顧みず目の前の人命を救ってきた喜多見だったが、まさか自分がテロリストの椿を救ったために、涼香を失ってしまうことになるなんて。喜多見の“真ん中”にじわりじわりと毒を垂らした椿が本当に憎く、憤りを禁じ得ない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる