コシノジュンコがビジュアル監修 第34回東京国際映画祭の新ポスター公開

 10月30日から11月8日にかけて、東京の日比谷・有楽町・銀座地区にて開催される第34回東京国際映画祭の新ポスターが公開された。

 昨年まではソフトバンクのCMなどで知られる佐々木宏がクリエイティブディレクターを務め、蜷川実花の写真をあしらった形のデザインでポスターが展開されてきた東京国際映画祭。今年からは、これまでの六本木エリアから日比谷・有楽町・銀座エリアへの移転や部門の改変などもあり、東京国際映画祭が新たに生まれ変わる年ということで、ポスタービジュアルも人をフィーチャーした形のこれまでにないものに刷新された。

 今回のビジュアルを手がけたのは、世界的に著名なデザイナーのコシノジュンコ。コシノが自身で作った伊藤若冲のニワトリの画をモチーフにした衣装をまとった女性が、風を切って歩いていくイメージで作り上げられた。今年の東京国際映画祭の大きなテーマの1つとして「越境」というコンセプトがあり、コロナによるコミュニケーションの断絶、男女差別、経済格差、国際紛争、色々なボーダーが世界にある。そういったものを乗り越えて、さらにその先にある映画の姿を観てほしいという思いが込められているという。今回コシノが手がけたポスターは、そういったコンセプトをビジュアライズしたものとなった。

第34回東京国際映画祭:コシノジュンコ インタビュー映像

 また、コシノと東京国際映画祭チェアマンを務める安藤裕康によるインタビュー映像と、本ポスターに対する2人のコメントも到着した。

コメント全文

コシノジュンコ

 映画祭は憧れなので、今回のお話を頂いたときはびっくりもしましたがとても嬉しかったです。今回のビジュアルはかっこいい女性が、コロナも吹っ切れて、前に向かう、風を切って向かうというイメージが今回の東京国際映画祭のある意味でのビジョンでもあるかと思いました。そういう意味で、理屈ではなく、見てわかるというような、風を切って歩いて行くというような、そういったイメージで作りました。

東京国際映画祭チェアマン 安藤裕康

 コシノジュンコさんとは、これまでもパリ、ニュ-ヨーク、アジアの国々など世界中のあちこちで仕事をご一緒してきましたが、その国際感覚の豊かさと前向きなエネルギーにいつも圧倒されてきました。そういうコシノさんにこのたびデザインを担当頂くことになって、東京国際映画祭が国際色を一段と強め、ステップアップしていければと思っています。
上記につき、貴媒体にてご紹介頂けますようご検討のほどよろしくお願い申しあげます。

■第34回東京国際映画祭 開催概要
開催期間:2021年10月30日(土)~11月8日(月)
会場:日比谷・有楽町・銀座地区(角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、東京国際フォーラム、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 日比谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、有楽町よみうりホールほか)
(c)2021 TIFF
公式サイト:www.tiff-jp.net

■TIFFCOM2021 開催概要
開催期間:2021年11月1日(月)~3日(水・祝)
会場:オンライン
公式サイト:www.tiffcom.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる