>  >  > EXILE AKIRA、三池崇史監督とのタッグを振り返る

EXILE AKIRA、三池崇史監督とのタッグを振り返る 「自分ならではの表現ができた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月29日、都内でアジア最大級の国際短編映画祭である『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2019』が開催された。オープニングセレモニーには木村佳乃、EXILE AKIRA、佐藤大樹、冨永愛、コシノジュンコらが登壇。司会を別所哲也とLiLiCoが担当した。

 第1部でのオープニングセレモニーでは、過去の受賞者や、受賞作品に関わりのある人物がプレゼンターとなり、今年の受賞者の表彰が行われた。本映画祭は、今までグランプリ作品を1つだけアメリカのアカデミー賞へ推薦できる枠を設けていたが、今年からアカデミー賞への推薦枠が増え、オフィシャルコンペティション ジャパン部門、アジア・インターナショナル部門、インターナショナル部門、さらにドキュメンタリー部門の4つにアカデミー賞への推薦枠が設けられた。世界を目指すフィルムメーカーにとってチャンスが広がる映画祭となった。

 さらに第1部のフィナーレでは、Ladies for cinemaのプレゼンターとして木村佳乃、そしてCINEMA FIGHTERS projectから出演者のAKIRAと佐藤大樹が登壇した。Ladies for cinemaは世界中の女性映画人を応援するプロジェクトである。木村は審査員としてもプロジェクトに関わっており、別所から作品を観た感想を聞かれると「たくさんの国の作品を拝見しました。国籍が違ったり、宗教が違ったり、様々だったのですが、こんな悩みがあるのか、こんな問題を抱えているのかと知らないこともありました。すごく近い文化を持っている国でも全く違う悩みを抱えていたり、逆に全く違う文化でも同じような悩みを抱えていたり。本当に勉強になりました」と答え、中には日本と似ている問題を抱えている国があることも話した。

      

「EXILE AKIRA、三池崇史監督とのタッグを振り返る 「自分ならではの表現ができた」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版