2020年世界興収第1位の中国映画 『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』日本版予告公開

 11月12日より公開される中国映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』の日本版予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、2020年興行成績世界No.1のヒットを記録し、金馬奨・主演男優賞をはじめ多くの映画賞を受賞した戦争エンターテインメント。

 5日間、命懸けの戦闘を繰り広げた「四行倉庫の戦い」として知られる実話をもとにした本作。舞台は1937年、日中戦争下の上海。中国軍第88師第524団の兵士たちは河沿いに建つ巨大な倉庫「四行倉庫」を防衛拠点とし、迫り来る敵からの銃撃、空爆などの総攻撃にさらされ、目の前で次々と仲間が犠牲になっていた。それでも決死の覚悟で激戦を耐え抜く兵士たちは、未来をがむしゃらに守り抜こうとしていた。地獄と化した運命の5日間、その勇姿は戦況を見守る多くの同胞の心を突き動かしていく。

 キャストには、中国版『世界の中心で、愛をさけぶ』で主演を務めたオウ・ハオを筆頭に、『The Crossing ザ・クロッシング』のワン・チエンユエン、『山河ノスタルジア』のチャン・イー、『罪の手ざわり』のジャン・ウーのほか、日本の司令官として、中泉英雄が参加。『ロクさん』『愛しの母国』のグアン・フーが監督を務めた。

映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』予告編

 公開された日本版予告編では、1937年の日中戦争下の上海で、爆撃や銃撃が飛び交う中で戦う兵士たちが登場。一方、橋の向こうでは安全区域にいる市民や外国人たちがその姿を見守り、天国と地獄のような対比が描かれる。また、最後の砦として倉庫に立て篭もる兵士たちの目的が、“勝つこと”ではなく、“守り抜くこと”であり、最後に下された命令も“生き延びること”だった。当時の戦争がいかに壮絶だったかを思わせる迫力ある映像とともに、「一人でも生き残れば、名誉は失われない」という台詞から、運命にもてあそばれる兵士たちの悲哀がうかがえる。

■公開情報
『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』
11月12日(金)池袋HUMAXシネマズほか全国公開
監督・脚本:グアン・フー
出演:ジャン・ウー、チャン・イー、ワン・チエンユエン、ホアン・チーチョン、オウ・ハオ、リー・チェン、タン・イーシン、中泉英雄
撮影:ツァオ・ユー
美術:リン・ムー
音響:フー・カン
VFX:ティム・クロスビー
配給:ハーク
配給協力:EACH TIME
2020/149分/中国語・日本語・英語/中国/カラー/5.1ch/シネスコ/原題:八佰/英題:The Eight Hundred/PG12
(c)2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる