阿部サダヲ×岡田健史『死刑にいたる病』映画化 監督・白石和彌と脚本・高田亮が初タッグ

阿部サダヲ×岡田健史×白石和彌がタッグ

 阿部サダヲと岡田健史が共演する白石和彌監督作『死刑にいたる病』が2022年に公開されることが決定した。

 本作は、櫛木理宇による同名小説(初版は『チェインドッグ』)を映画化するサイコサスペンス。理想とは程遠いランクの大学に通い鬱屈した日々を送る雅也の元に、ある日、連続殺人事件の犯人・榛村から手紙が届く。24件の殺人容疑で逮捕され9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時にパン屋を営んでいて、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」という榛村の願いを聞き入れ、雅也は事件を独自に調べ始める。しかし、そこには想像を超える残酷な事件の真相があった。

 日本史上類をみない数の若者を殺した連続殺人鬼・榛村役で主演を務めるのは阿部。白石監督とは『彼女がその名を知らない鳥たち』以来のタッグとなる。収監されている榛村の元に通い、事件の真相に迫る雅也役を岡田健史が担当。脚本は、『そこのみにて光り輝く』『オーバー・フェンス』などの高田亮が手がける。白石監督と高田のタッグは本作が初となる。

コメント

阿部サダヲ

俳優をやっていて、「1度は手を出してみたい役」を頂けたので楽しんで演じました。白石組、白石監督の想像を超えるアイデア、どう仕上がって来るのか非常に楽しみです。岡田健史くんとのシーンは相当痺れました。

岡田健史

こんなにも濃密な時間を過ごし、“人”に恵まれ、公開を待っててくださる方々に向けて、伝えたいことが豊富な作品に巡り逢えたという実感に、自分でも驚いています。きっと、今作品で交じり合えた方々との時間は、いつまでも自分の身体に宿り続けることでしょう。勝手ながら一若者として、この方々の魂を受け継いでいきたいと思いました。さて、僕の役柄ですが、筧井雅也という、どこにでもいる男性です。“どこにでもいそう”、なのです。故に、この日本において誰にでも起こりうる機微を雅也は持っています。作品中に過激な表現も含まれてますが、今作品は雅也と同年代の方々にも是非観て頂きたいです。人は人に怯え、傷つけ、傷つけられて、抱きしめられて、救われてるということ。それはつまり何なんだろうと、思春期に考える時間が欲しかったと自分自身がそう感じるからです。公開をお楽しみに。もう少しの間だけお待ちください。

白石和彌

僕自身が10代20代の頃に持っていた鬱屈と、後ろめたい憧れを抱いてしまう殺人鬼。その両方が見事なコントラストで混在している櫛木先生の原作に心を奪われて映画化をお願いしました。阿部さんと岡田さんの邂逅も運命を感じる大きな事件でした。映画を観た後どんな感情が残るのか、僕もとても楽しみです。完成まであと少し。スクリーンでお会いできる日をお待ち下さい。

櫛木理宇

映画化のお話をいただいたときにまず「やった!」と思い、次に監督が白石和彌さんだとお聞きした瞬間「やった!!!」と感嘆符が三倍になりました。
わたしの原作を監督が、このキャストの皆さんが、どう料理してくださったのか想像するだけで胸が高鳴ります。映画館の大スクリーンで拝見できる日を心待ちにしております。

■公開情報
『死刑にいたる病』
2022年 全国公開
出演:阿部サダヲ、岡田健史
監督:白石和彌
脚本:高田亮
配給:クロックワークス
製作:「死刑にいたる病」製作委員会(クロックワークス、東北新社、テレビ東京)
(c)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる