佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×白石和彌監督『ひとよ』座談会 撮影現場の裏側から仕事に対する姿勢まで

佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×白石和彌監督『ひとよ』座談会 撮影現場の裏側から仕事に対する姿勢まで

 佐藤健主演映画『ひとよ』が11月8日より公開中だ。『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督の最新作となる本作は、“家族の絆”の歓びと哀しみを描いたヒューマンドラマ。ある事件によって崩壊した母親とその子供たち三兄妹からなる家族が、15年後に再会し、再び絆を取り戻そうともがく姿が描かれる。

 今回リアルサウンド映画部では、崩壊した家族の三兄妹、次男・雄二役を演じた佐藤、長男・大樹を演じた鈴木亮平、末っ子の妹・園子を演じた松岡茉優、そして白石監督の4名にインタビュー。役作りや撮影現場でのエピソードから、それぞれの仕事に対する考え方まで、じっくりと語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

佐藤「白石監督作品はシンプルに面白い」

ーーこれまで疑似家族のような関係性を映画で描いてきた白石監督が、本当の家族を描くのは今回が初めてですよね。

白石和彌(以下、白石):そうですね。家族を描くというのがどういうことなのかは、ちゃんと意識しました。それは逆に構えちゃうところもあったくらいだったと思います。

ーー家族を描く上で、誰がどの役を演じるかは重要な要素のひとつだったと思います。キャスティングはどのように決めていったのでしょう?

白石:そうですね。キーになるのは母親のこはるだったので、まずはお母さんを決めないといけないということで、(田中)裕子さんにオファーをしました。こはる役に裕子さんが決まらないことには進まないなと思っていたのですが、無事やっていただけることになったので、じゃあ三兄妹をどうしようかと。雄二は感情を表に出さないんだけど、家族のことを一番熱く思っているキャラクターだったので、それは健くんにお願いしたいなと思いました。健くんに関しては、普段から「今どんなことやってるのかな」と新作が出るたびに観ていたんです。それはこのメンバーだけじゃなくて、常日頃からいろんなアンテナを張っているつもりではあるんですけど、こういう湿度の高い家族って、皆さんあまりやられている印象がなかったので、だからこそいい粘着力になるタイミングがそれぞれあるんじゃないかと感じていました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーー皆さん白石監督に対してはどのような印象を抱いていましたか?

佐藤健(以下、佐藤):白石監督とは、ぜひどこかでご一緒したいと思っていました。シンプルに作品が面白いんですよね。これだけたくさん作品を発表しているのに、全ての作品が面白い。やっぱりすごく才能がある方なんだろうなと思っていましたし、作品のトーンや色味も僕のすごく好きなタイプです。だから、自分が関わっていなくても、白石監督作品はこれからもずっと観ていくだろうとは思っていました。

鈴木亮平(以下、鈴木):作品が全部“強い”ですよね。エンタメかつ軽いところもあるんですけど、激しさもあって、白石監督作品にしかないパワーがある。僕自身、強い映画が好きなので、そういう映画に出たいという思いがあるんです。今回のお話が来る前から、事務所に「白石監督作品に出たい!」と言っていったぐらいですから。

松岡茉優(以下、松岡):私もずっと白石監督作品に出たいと思っていました。でも、私は出たいというよりはファンのほうに近かったかもしれません。自分が出てどうこうというよりは、作品が好きだから新作を楽しみにしていたんです。でも、白石監督は俳優の“悪いところ”を撮ってくれる方だと思ったので、それがすごく楽しみでした。

ーー“悪いところ”というと?

松岡:人って基本的に悪いところの方が多い気がしていて。長所よりも短所の方が多いというか。私は役の長所よりも短所の方が好きで、そっちのほうがよく見えるから嬉しかったんです。だから、現場では足し算より引き算で、余計なことをしないというイメージでした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ