映画にドラマに大活躍の10周年 Netflixで配信中のパク・ボゴム出演作5選

パク・ボゴム出演作オススメ5選

 8月17日から、パク・ボゴムとソン・ヘギョが主演する『ボーイフレンド』(2018年)がNetflixで配信されている。彼自身は2020年8月から兵役に就いているためしばらくの間新作を観ることはできないが、俳優・ミュージシャンとして活躍してきた10年間の軌跡を履修する良い機会。7月に公開された映画『SEOBOK/ソボク』(2020年)で演じたクローン人間役でも注目を集めるパク・ボゴム出演作をNetflix配信作品からピックアップ、関連作品とともに紹介する。

撮影後に海軍に入隊したパク・ボゴムの実生活とリンク 『青春の記録』(2020年)

20210823-parkbogum-02
20210823-parkbogum-03
20210823-parkbogum-04
20210823-parkbogum-05
20210823-parkbogum-06
20210823-parkbogum-07
previous arrow
next arrow
20210823-parkbogum-02
20210823-parkbogum-03
20210823-parkbogum-04
20210823-parkbogum-05
20210823-parkbogum-06
20210823-parkbogum-07
previous arrow
next arrow

 『パラサイト 半地下の家族』(2019年)の“ジェシカ”ことパク・ソダムと共演したドラマ。パク・ボゴムが演じるのは、モデルから俳優へと転身を図るヘジュン。メイクアップアーティストを目指すジョンハ(パク・ソダム)と出会い、共に励まし合いながら夢に向かって進んでいく。恋愛成就と夢の実現という韓国ドラマの王道を直進しながらも、現代的な悩みや気づきを取り込んでいく。同じ夢を抱くヘヒョ(ピョン・ウソク)との経済格差と友情も、堅い仕事に就いてほしいと願う父親との確執、ヘジュンの理解者となるスタイル抜群の祖父との関係も、ステレオタイプを回避し2020年らしい物語として更新されている。パク・ボゴムが、ドラマ内でも大きな悩みの種となる兵役に就く直前に今作を選んでいるのも納得がいく。授賞式のシーンに人気俳優のパク・ソジュンが、ジョンハのクライアントとして『恋のスケッチ~応答せよ1988~』のヘリがカメオ出演している。

 『パラサイト 半地下の家族』、『恋のスケッチ~応答せよ1988~』もNetflixで配信中。

パク・ソジュンのカメオ返しにつながった 『梨泰院クラス』(2020年)

20210823-parkbogum-08
20210823-parkbogum-09
previous arrow
next arrow
20210823-parkbogum-08
20210823-parkbogum-09
previous arrow
next arrow

 マーベル・シネマティック・ユニバース参加が噂されるパク・ソジュンの人気を世界に広めるきっかけとなったドラマ、『梨泰院クラス』。天涯孤独な青年が居酒屋経営で天下を獲る下克上物語は、日本における何度目かの韓国ドラマブームの起爆剤となった。パク・ボゴムは最終話にゲスト出演している。パク・セロイ(パク・ソジュン)との絡みはないが、美貌を持ちながらも決めの一手に欠けたスア(クォン・ナラ)へのお餞別と、全16話を完走した視聴者にご褒美を与えるようなシーンになっている。ソロ楽曲で『梨泰院クラス』のOSTに参加しているBTSのV(テテ)とパク・ソジュン、Vとパク・ボゴムの仲の良さは有名。それぞれのSNSにたびたび登場している。

 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる