『キャプテン・アメリカ』第4作、主演がサム・ウィルソン役アンソニー・マッキーに決定

『キャプテン・アメリカ4』A・マッキー主演

 ディズニープラスで独占配信中のマーベルオリジナルドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』のアンソニー・マッキーが、映画『キャプテン・アメリカ』の4作目の主演を務めることがThe Hollywood Reporterなどで報道された。

 3月から配信された『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)から託されたシールドを巡り、マッキー演じるサム・ウィルソン(ファルコン)と、セバスチャン・スタン演じるバッキー・バーンズ(ウィンター・ソルジャー)のその後が描かれた。カリ・スコグランドが監督を務め、脚本をドラマのクリエイターであるマルコム・スペルマンが担当した。そして、今回スペルマンがマッキーとともに『キャプテン・アメリカ4(仮)』に参加することが決定し、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』にも参加していたライターのダラン・ムッソンとともに脚本を書くことになるという。

 実はすでに4月時点で、スペルマンが『キャプテン・アメリカ4(仮)』のために企画を練っていたことがThe Hollywood Reportにて報道されていた。その時はキャスティングについて正式な発表がされていなかったものの、発表日が『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の最終話配信日ということもあり、ファンの誰もがクリス・エヴァンスが演じていたキャプテン・アメリカのタイトルを継ぐ者を予想したはず。そして、このたびついにマーベル・スタジオがマッキーに正式にそのシールドを渡したということだ。恐らく、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』後のサム・ウィルソンの物語が描かれることになるだろう。

 『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の制作に参加した脚本家がほぼ全員黒人だったことなど、スペルマンは本シリーズにおいてそれ以前や他のスーパーヒーロー映画/シリーズとは違い、黒人への賛美を最前線にもたらしたことで称賛され、本作はエミー賞5部門にノミネートされた。そんな彼の参加する『キャプテン・アメリカ4(仮)』がどのようになるのか、今から期待も込めて続報を待ちたい。

■配信情報
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』
ディズニープラスにて独占配信中
出演:アンソニー・マッキー、セバスチャン・スタン、ダニエル・ブリュール
監督:カリ・スコグランド
脚本:マルコム・スペルマン
原題: The Falcon and Winter Soldier
(c)2021 Marvel



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる