セバスチャン・スタン、ついに『呪術廻戦』に自分の名が登場したことを知る その反応は?

セバスチャン・スタン、ついに『呪術廻戦』に自分の名が登場したことを知る その反応は?

 先日ディズニープラスで配信された『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』のバッキー・バーンズ役や、『ラスト・フル・メジャー』で主演を務めたことで知られる俳優セバスチャン・スタン。そんな彼が、ついに自分自身のことがアニメで言及されていることに気づいた。そのアニメとは、今や漫画も累計発行部数が5000万部を突破し、空前の大ブームを巻き起こしている『呪術廻戦』。

 セバスチャン・スタンの名は、原作に忠実になって進行していく本編ではなく、アニメ用に作者の芥見下々が描き下ろしたオリジナル短編「じゅじゅさんぽ」にて登場する。第15話に放送された、「どんな人がタイプですか?」というテーマのものだ。多くの五条悟ファンが、五条のタイプに三輪ちゃんが当てはまることを知り、発狂したあの回である。

 そこで京都校所属のキャラクター、西宮桃は携帯の画像を見つめて「セバスチャン・スタン……って知ってる? ウヒヒ、いい体してるぜ」とヨダレを垂らしながら答えた。

 放送時には突然実在するハリウッドスターの名前が登場したことで話題となったが、実はこれが初めてではない。映画好きを公言する芥見は、すでに漫画(アニメ)でも主人公・虎杖悠仁に「好みのタイプはジェニファー・ローレンスです!」と言わせていた。『呪術廻戦』は海外でも人気が高く、これを観た外国人ファンは皆嬉しそうに反応をしていた。さて、問題は名前を出された本人の反応なのだが、なんとついに先日、セバスチャン・スタン本人にこのアニメ映像を見せ、感想を聞いた者がいる。

 それはUC(カリフォルニア大学)が5月30日(日本時間)に開催した「Saturday Stay in Sebastian Stan」というファン向けのオンラインイベントでのこと。演技のことやウィンター・ソルジャー、彼がトミー・リー・ジョーンズ役を演じる新作『Pam&Tommy(原題)』のことなどを話す中、イベントの司会者が西宮のシーンを彼に直接見せたのだ。

 セバスチャン・スタンは驚きながら「これか! ここで僕の名前が出たんだね! わあ、信じられないよ」と笑顔を見せる。司会者が「今や世界中で人気のアニメ『呪術廻戦』に出るなんてすごいですね」と言うと、一瞬おどけた表情をしながらスタンは「この作品についてもっと知らなくちゃ。嘘だろ? すごいな、とにかくとても光栄に思うよ」とコメントした。

 このことに海外ファンは「セバスチャン・スタンが『呪術廻戦』を観るかもしれない!」と大盛り上がり。ここでさらに求められる、ジェニファー・ローレンス本人の反応。海外ではすでにmeme画像がいくつも作られているほど、虎杖悠仁の台詞は大ウケしている。また、作者である芥見本人の、スタンのコメントへの反応も気になるところだ。

■アナイス(ANAIS)
映画ライター。幼少期はQueenを聞きながら化石掘りをして過ごした、恐竜とポップカルチャーをこよなく愛するナードなミックス。レビューやコラム、インタビュー記事を執筆する。InstagramTwitter

■配信情報
ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』
ディズニープラスにて独占配信中
出演:アンソニー・マッキー、セバスチャン・スタン、ダニエル・ブリュール
監督:カリ・スコグランド
脚本:マルコム・スペルマン
原題: The Falcon and Winter Soldier
(c)2021 Marvel

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる