ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバーバッチら共演 『モーリタニアン』10月公開

 ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバーバッチ、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー、ザッカリー・リーヴァイが共演した映画『The Mauritanian(原題)』が、『モーリタニアン 黒塗りの記録』の邦題で10月29日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開されることが決定した。

 2015年、アメリカ政府による検閲で多くが黒く塗りつぶされた手記が出版された。筆者のモハメドゥ・ウルド・スラヒはその時、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていた。異例尽くしのこの本は、またたく間にアメリカでベストセラーを記録し、その後、世界20か国で刊行された。本作は、その原作をもとに、『ラストキング・オブ・スコットランド』『消されたヘッドライン』のケヴィン・マクドナルドが監督を務め映画化したもの。

 2005年、弁護士のナンシー・ホランダー(ジョディ・フォスター)はアフリカのモーリタニア出身、モハメドゥ・スラヒ(タハール・ラヒム)の弁護を引き受ける。9.11の首謀者の1人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐(ベネディクト・カンバーバッチ)が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、愕然とする供述が記されていた……。

 プロデューサーにも名を連ねるカンバーバッチは、原作を読み、「これは映画化すべきだ。誰が映画化権を持っているのか調べなきゃいけない」と急いで獲得に動いた。また、実在の弁護士を演じたフォスターは、著書のことも彼の物語のこともオファーを受ける以前から知っており、グアンタナモや当時そこで起きたことについて多くの疑問を抱いていたと言う。「私が生きている時代のことなのに、なぜかそうした疑問に対する答えを私は一切知らなかった。まったく何も知らないということに我ながら驚いた。私たちの誰もが9.11の出来事にものすごい衝撃を受けたために、アメリカ中に恐怖心があふれていた。そのせいで誰が抑留されているのかについては、ほとんど考えていなかったのだと思う」と語る。モハメドゥ本人を演じたラヒムは「初めて脚本を読んだときには泣いたよ。素晴らしいストーリーだった。彼はヒーローだ。一人の俳優として、そして一人の人間として、僕は、このストーリーは語られるべきだと思った」とコメントしている。

 あわせてポスタービジュアルと場面写真も公開。ポスターには、フォスター、カンバーバッチらの姿とともに、その背景には黒く塗りつぶされた文書が。「あれから20年…暴かれたアメリカの闇」とコピーが添えられている。

■公開情報
『モーリタニアン 黒塗りの記録』
監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:ジョディ・フォスター、ベネディクト・カンバ―バッチ、タハール・ラヒム、シャイリーン・ウッドリー、ザッカリー・リーヴァイ
原作:モハメドゥ・ウルド・スラヒ『モーリタニアン 黒塗りの記録』(河出文庫)
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2021年/イギリス/英語・アラビア語・フランス語/129分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/5.1ch/原題:The Mauritanian/G/字幕翻訳:櫻田美樹
(c)2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:kuronuri-movie.com
公式Twitter:https://twitter.com/kuronuri_kiroku



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる