元miss Aのペ・スジ、未熟児の手術費用を支援 数多くの寄付をしてきた“国民の初恋”

ペ・スジ、未熟児の手術費用を支援

 元miss Aのメンバーで、現在女優としても活動しているペ・スジが、非営利団体を通じて未熟児の心臓手術費用を支援していることが分かった。

 スジは昨年10月に難病や小児がんの患者のため1億ウォン(約970万円)を寄付。その支援金から、今年5月心臓と肺に問題を抱え誕生した未熟児の手術費用を負担した。現在、手術を終えた未熟児は経過を診ながら治療を続けているとのことだ。

 スジは以前から寄付を熱心に行っているタレントの1人。2016年より同団体を通じ、難病、小児がん、白血病などの患者への治療支援を行ってきた。この他にも、高齢の一人暮らし世帯、障がい者への物品支援、集中豪雨の被災者への寄付も。昨年は新型コロナウイルスの支援などを行い、これまでの寄付総額は約4億ウォン(約4000万円)に上るともいわれている。

 スジは2010年、ガールズグループmiss Aのメンバーとしてデビュー。清楚なイメージから「国民の初恋」との代名詞を持つ。グループ解散後は、女優やモデルとして活動。2020年ドラマ『スタートアップ:夢の扉』では起業家を目指す主人公を演じた。デビュー後から地道な寄付を続けている彼女は、2015年に社会福祉共同募金会「愛の実」の1億ウォン以上の高額寄付者「Honor Society」にも名を連ねている。

 現在2年ぶりのスクリーン復帰作となる映画『ワンダーランド(原題)』の公開も控えている、スジ。今後もその活躍に期待したい。

■配信情報
『スタートアップ:夢の扉』
Netflixにて配信中
出演:ペ・スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホほか
原作・制作:オ・チュンファン、パク・ヘリョン



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる