鈴木福が物語を鍵を握る“謎の少年”に 『スーパーヒーロー戦記』本予告公開

『スーパーヒーロー戦記』本予告公開

 7月22日より公開される『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』の本予告が公開され、あわせて鈴木福がゲスト出演することが発表された。

 1971年4月3日に放送がスタートした『仮面ライダー』から50年。2021年、『仮面ライダー』シリーズは生誕50周年という記念イヤーを迎える。そして、『仮面ライダー』シリーズと共に歩んできた『スーパー戦隊』シリーズも、1975年4月5日より放送がスタートした第1作目『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。子供から大人まで共に時を刻んだ2大ヒーローが2021年、Wアニバーサリーイヤーを迎える。

 Wアニバーサリー作品として「令和仮面ライダー」第2作目『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)と、スーパー戦隊シリーズ45作目の『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日系)が、シリーズの垣根を超えて共闘する。

 本作にゲスト出演する鈴木が演じるのは、物語のカギを握る重要な存在となる“謎の少年”。さらに、スーパーヒーローの最強の敵・アスモデウス役の谷田歩の出演も明らかに。また、歴代シリーズの中から『アカレンジャー』誠直也の声の出演をはじめ、『仮面ライダー電王』イマジンの声を務める関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一や、オーナー役の石丸謙二郎、『仮面ライダーオーズ』の鴻上ファウンデーション会長・鴻上光生役の宇梶剛士、デカマスター/ドギー役の稲田徹、ワシピンク/ラプター役のM・A・O、リュウコマンダー/ショウ・ロンポー役の神谷浩史らの出演も決定した。

映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』予告編

 公開された本予告では、これまでベールに包まれていた物語の全貌が明らかに。『仮面ライダーセイバー』の主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)、須藤芽依(川津明日香)、ユーリ (市川知宏)たちが、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界へ、そして『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の五色田介人(駒木根葵汰)とガオーン、マジーヌ、ブルーンたちが、仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーセイバー』の世界へ迷い込み、飛羽真も介人も状況を理解できず、飛羽真はジュランたちと、介人は倫太郎たちと大慌てとなる。

 こうした異常な事態を引き起こし、世界をパニック状態に陥れた黒幕こそ、スーパーヒーローの“最強の敵”アスモデウス(谷田歩)であることが判明する。禁断の地・アガスティアベースで保管されていた、世界を揺るがす“禁書”を解放させたことで、現実と物語の境界が曖昧となり、このままだと現実の世界が崩壊してしまう。そんな中、飛羽真や介人たちが、物語のカギを握る“謎の少年”との出会いや交流を経て、危機に晒された世界を元通りに戻そうと、タッグを組むことになる。

 本予告の中には、仮面ライダー電王、仮面ライダージオウ、仮面ライダーゼロワン、デカマスター(特捜戦隊デカレンジャー)、ワシピンク/ラプター283、リュウコマンダー/ショウ・ロンポー(宇宙戦隊キュウレンジャー)が登場。さらに映像のラストには「彼らは立ち上がる。全ては、この日のためにー」というコピーと共に、仮面ライダー1号と『秘密戦隊ゴレンジャー』のアカレンジャーの姿が確認できる。

 そして、入場者プレゼントとして「Wアニバーサリーアート スペシャルビジュアルシート(ランダム計3種)」の配布が決定。数量全国45万枚の限定配布となる。

■公開情報
『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』
7月22日(木・祝)全国公開
出演:内藤秀一郎、駒木根葵汰、山口貴也、川津明日香、青木瞭、生島勇輝、富樫慧士、岡 宏明、市川知宏、アンジェラ芽衣、庄野崎謙、鈴木福、谷田歩、石丸謙二郎、宇梶剛士
声の出演:浅沼晋太郎、梶裕貴、宮本侑芽、佐藤拓也、福圓美里、増子敦貴、知念里奈、榊原郁恵、関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一、小山力也、稲田徹、M・A・O、神谷浩史、誠直也
原作:石ノ森章太郎、八手三郎
脚本:毛利亘宏
ゼンカイジャー監修:香村純子
監督:田﨑竜太
音楽:渡辺宙明、大石憲一郎、山下康介
アクション監督:宮崎剛
特撮監督:佛田洋
製作:「スーパーヒーロー戦記」製作委員会
配給:東映
「スーパーヒーロー戦記」製作委員会
(c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(c)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
公式サイト:movie-rider50-ranger45.com
公式Twitter:@toeiHERO_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる