美 少年が“戦隊ヒーロー”に挑む 『ザ・ハイスクール ヒーローズ』は特撮ファンも必見!?

美 少年×東映特撮への期待

 ジャニーズJr.・美 少年が戦隊ヒーロードラマに初挑戦する『ザ・ハイスクール ヒーローズ』が、テレビ朝日7月期の「オシドラサタデー」枠で放送されることが決定した。

 2020年7月にテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』でグループ全員でのドラマ初主演を果たした美 少年。本作は、美 少年の6人が学園の平和を守る戦隊ヒーローに“変身”するドラマとして、話題を呼んでいる。

 制作には、『仮面ライダー』シリーズや『スーパー戦隊』シリーズを手がける東映も参加し、メインスタッフとして、『仮面ライダーエグゼイド』『仮面ライダーゼロワン』の脚本家である高橋悠也をはじめ、これまで特撮ヒーロー作品を数々手がけてきたクリエイターたちが集結している。

 ジャニーズと戦隊ヒーローという新たな取り組みが話題の本作。今回、1年ぶりのグループでの主演が決まった美 少年について、ジャニーズ Jr.に詳しいライターの柚月裕実氏は以下のように語る。

「美 少年のメンバーは、去年も『真夏の少年~19452020』にてメンバー全員で主演を務めていて、そこでの評価が今回の抜擢につながったのかなと思います。『真夏の少年』では、博多華丸さんや、水野美紀さん、長谷川京子さんといった様々な役者さんと共演されていて、これまでドラマに出演する機会がなかったメンバーもいる中で、表情豊かに演じていたのが印象的でした。実際の年齢に近い高校生役で、等身大の姿を演技として送り出すことができたことが大きかったのではないかと思います。その後、那須雄登さんは『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系)に出演し、浮所飛貴さんは初主演映画『胸が鳴るのは君のせい』が公開されるなど、メンバーそれぞれのお芝居での活躍の場も増えており、『真夏の少年~19452020』は彼らのターニングポイントとなる作品だったのではないかと思います」

 また、特撮ドラマという『ザ・ハイスクール ヒーローズ』は、ジャニーズ俳優にとってはなかなか貴重な経験をする機会なのではないかと柚月氏は分析する。

「気になるのは、学園ドラマと戦隊ヒーローを掛け合わせた作品になるという部分ですね。戦隊ヒーローものはよく“若手俳優の登竜門”と呼ばれますが、ジャニーズで言うと一番有名なのが『ウルトラマンティガ』で主演を務めたV6の長野博さんです。ただ、特撮ドラマを経由して俳優としてステップを踏んできたジャニーズの役者さんはまだまだ少ないので、美 少年の方たちがこの作品を経てどんな役者さんになっていくのかは注目ポイントでもあると思います」



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる