浅野忠信が雷を操って「弱すぎる」と一刀両断 『モータルコンバット』ライデンの本編映像

『モータルコンバット』浅野忠信の本編映像

 6月18日に公開される映画『モータルコンバット』から、浅野忠信が演じたライデンにフォーカスされた本編映像が公開された。

 世界的な人気ゲームの映画化作品である『モータルコンバット』には、映画、テレビ、格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャストたちが集結。スコーピオン/ハサシ・ハンゾウ役の真田広之、ライデン役の浅野忠信のほか、コール・ヤング役にルイス・タン、ソニア・ブレイド役にジェシカ・マクナミー、カノウ役にジョシュ・ローソンが集結。さらに、ジャックス役でメッカド・ブルックス、リュウ・カン役でルディ・リン、シャン・ツン役でチン・ハン、サブ・ゼロ/ビ・ハン役でジョー・タスリム、クン・ラオ役でマックス・ファン、ミレーナ役でシシィ・ストリンガー、エミリー・ヤング役でマチルダ・キンバー、アリソン・ヤング役でローラ・ブレントがキャストに名を連ねている。オーストラリアで数々の賞を受賞したサイモン・マッコイドが長編監督デビューを果たし、ジェームズ・ワン、トッド・ガーナー、サイモン・ママッコイド、E・ベネット・ウォルシュが製作を担当する。

 本作で浅野が演じたのは、ドラゴンのマークをもつ者たちを聖域で庇護する人間界の守護神「ライデン」。地球を守るために歴代の覇者たちを招集、訓練をしモータルコンバットの武術大会に参加させる、原作ゲームでも人気のある重要なキャラクターだ。

映画『モータルコンバット』本編映像(ライデン編) 6月18日(金)公開

 このたび公開された本編映像は、本作の主人公コールと、ソニア、カノウの3人が人間界の覇者として集められ、ライデンと初めて対面するシーン。ライデンは、連れてこられた3人を一瞥するや「この者たちを鍛えるのか?」と問い、「お前は戦える状態ではない」「お前はマークすらない」などと、コールやソニアを見定めていく。「俺はどうだ?」と自信満々に声をかけるカノウには雷を操ってシビれさせ、「弱すぎる」と一刀両断。ライデンに忠誠心を持ち、既に信頼と指示を得ているリュウ・カンもこれには不安げな表情を浮かべている。既に魔界に9連敗をしているライデンは、コールたちの秘められた力を開放し、世界を救うことができるのか。

 このキャラクターの役作りのため、台詞の行間だけでなく脚本のすべてを読み込んで挑んだと言う浅野だが、台詞だけではなくライデンのビジュアルにも強いこだわりを持ち、象徴的な「笠」は外すべきではないと監督に自ら申し出たというほど。物語が大きく動き出すことを予感させる印象的なシーンとなっている。

■公開情報
『モータルコンバット』
6月18日(金)全国ロードショー
出演:ルイス・タン、真田広之、浅野忠信、ジョー・タスリム
監督:サイモン・マッコイド
製作:ジェームズ・ワン、トッド・ガーナー、サイモン・マッコイド、E・ベネット・ウォルシュ
配給:ワーナー・ブラザース映画
R15+
(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる