レギュラーキャストが複数キャラを演じ分け 兼ね役を知るとより楽しめるアニメ『ヒロアカ』

 放送中のTVアニメが第5期を迎え、夏には新作劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』も公開と、さらに盛り上がりを見せるアニメ『僕のヒーローアカデミア』。

 6月5日放送の5期第11話(通算99話)までは雄英高校1年A組vsB組の対抗戦が描かれ、これまでの体育祭や林間合宿といった対戦・共闘を経て、両組共に“有精卵”たちが大いに成長した姿を見せた。毎話、手に汗握る激闘が繰り広げられる中で話題になったのが、レギュラーキャストがB組キャラクターも同時に演じる兼ね役。公式サイドから予想企画を実施することで、これまでにない盛り上がりを見せており、SNSを中心にアニメ『ヒロアカ』をさらに楽しむことができるイベントとなった。過去シリーズでも兼ね役はあったが、今回のB組との演じ分けがなぜ“アツかった”のかを掘り下げていく。

『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ5期ノンクレジットオープニングムービー

 まず、兼ね役は実は一般的なことであることが前提。大きな理由の一つとして、キャストの出演費を抑えることから日本のアニメ制作の現場で広く行われている。一部を除いて、基本的にアニメ出演のギャラは日本俳優連合が定めたランキングによって声優ごとに明確に分けられており、セリフが一言の場合でも、喋り通しの場合でも1話あたりの固定給は同じ。雑踏やスポーツアニメでの大勢の観客の声援のようなガヤにも、レギュラーキャストが参加することが多くある。アニメ『ヒロアカ』でも以前から兼ね役はしばしばあり、A組でいえば飯田天哉役・石川界人が体育祭で経営科の生徒の一人を演じているような細かいものから、葉隠透役・名塚佳織がプロヒーローのMt.レディ役も演じているようなものまで様々だ。

 また、一口に兼ね役と言っても予算以外の理由ももちろんある。例えば『ドラゴンボール』で野沢雅子が悟空だけでなく悟飯や悟天、父のバーダックまで顔が互いにそっくりな一族として演じているパターンや、ショートアニメ『彼岸島X』での山寺宏一の脅威の1人50役のような、話題化を狙う施策として、Web配信アニメなどで実施されるパターンも見られる。

 さて、そこで現在放送中のアニメ『ヒロアカ』第5期なのだが、公式Twitterとインターネットラジオステーション「音泉」で配信されている『僕のヒーローアカデミア ラジオ オールマイトニッポン』が連動し、「クイズ1年B組“声”態調査報告」というコーナーを実施。キャラクター数が多い分キャストも多い本作で、B組メンバーの声を誰が兼ね役として演じているのか予想するという、ファンも巻き込んだエンタメ企画だ。『オールマイトニッポン』内では、今期のパーソナリティを務める緑谷出久役・山下大輝と爆豪勝己役・岡本信彦が、時にはゲスト声優も交えてコーナーを展開。もはや大喜利や別キャストの声真似のコーナーになることもしばしばで、『ヒロアカ』ファンだけでなく声優ファンにとっても楽しめる企画に! その相乗効果で、最新話が放送されるたびに話題を呼んだ。

TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』公式サイトより

 B組メンバーは、これまで何度か登場シーンはあったものの、いつも何かとA組を煽りまくる物間寧人や、そんな彼に手刀でツッコミを食らわすクラス委員長・拳藤一佳、体育祭でA組の切島鋭児郎と“個性ダダ被り”の熱血対決を繰り広げた鉄哲徹鐵以外は、ほとんどが今回の対抗戦で本格登場。全5試合の中で毎試合兼ね役が登場していたが、その中でも“アツい”キャスティングだった諏訪部順一、天﨑滉平、北田理道、悠木碧、佐倉綾音について、試合順に沿って紹介していきたいと思う。

1.相澤消太と宍田獣郎太を真逆の演技で魅せた、諏訪部順一

 第1試合で特に注目が集まった兼ね役は、A組の担任・相澤消太役の諏訪部順一の宍田獣郎太との演じ分け。諏訪部は『週刊少年ジャンプ』作品のアニメ化で重要キャラクターを演じることが多く、毎年バレンタインデーに大量のチョコレートをもらうことでお馴染みの『テニスの王子様』跡部景吾役をはじめ、『呪術廻戦』両面宿儺役、『BLEACH』グリムジョー・ジャガージャック役、『黒子のバスケ』青峰大輝役など、正にジャンプ作品には欠かせない声優だ。昨年末には週刊少年ジャンプとコラボした『諏訪部順一SPECIAL』がデジタルで発行。一部応募者に実物がプレゼントされるという前代未聞の企画も大きな話題となった。

 そして相澤役では、辛辣さの裏側にある生徒を想う気持ちや、ヴィランに立ち向かう際に静かに燃やす信念といった、「内に秘めた想い」を諏訪部の深く落ち着いた声で表現。一方、兼ね役で演じた宍田は、良家の出身で普段は丁寧な口調ながらも『僕のヒーローアカデミア 公式キャラクターブック2 Ultra Analysis』によると、理性を飛ばしたいという願望を内に秘めている。「ビースト」の個性が発現するとハイになるという特色があり、その「内に秘めた願望を全開で表に出す」という、正に相澤とは真逆のキャラクター。対抗戦では口調も普段とは一変し、「私は鼻が効くのですなァアアアア!!」と猛然と先頭を切って突進し、その圧倒的なパワーや俊敏性、上鳴電気の放電すら跳ね除けるタフネスでA組メンバーを苦戦させた。

 加えて今回の対抗戦では、相澤がヒーロー科への編入を目指す普通科1年・心操人使に自身の捕縛布の使い方を伝授するという、いわば師弟関係にも大きな注目が集まった。その少しぶっきらぼうながらも、心操にかける言葉の端々に感じられる優しさを諏訪部が見事に表現し、「相澤先生」など関連ワードもTwitterでトレンド入り。体育祭最終種目で心操が敗北した緑谷とリベンジマッチや、緑谷&オールマイト、心操&相澤という師弟関係の対比の妙もあり、彼らの絡む第1試合、そして第五試合も物語の大きな起点として注目を集めた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる