『プロミシング・ヤング・ウーマン』キャリー・マリガンが作品を語る 新場面写真も公開

『プロミシング・ヤング・ウーマン』キャリー・マリガンが作品を語る 新場面写真も公開

 7月16日公開の映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』より、新たな場面写真が公開された。

 本作が長編デビュー作となるエメラルド・フェネルが監督を務めた本作は、第93回アカデミー賞で主要5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞。“前途有望な若い女性”だったキャシーは、ある事件によって医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーで泥酔したフリをして、お持ち帰りオトコたちを待ち構えていた。ある日、今は小児科医となったハンサムな元クラスメートがカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーを忌まわしい過去へと引き戻すことになる。

 主演のキャリー・マリガンは、主人公キャシーとして、辛い過去と向き合い、哀しみや怒り、絶望を表現した。そんな主人公キャシーの顔は様々。カフェの店員として平凡な毎日を繰り返す中、夜ごとバーやクラブにひとりでに繰り出し泥酔したフリをして、自らに課したミッションを遂行している。何の変哲もない表情から一変し、ミッション遂行時の彼女は強い眼差しとどこか哀しみが感じられる表情を見せる。そんな彼女は元同級生ライアンとの再会で、失われた感情を取り戻し、今までにない笑顔を見せるようになる。しかし、裏で彼女は最大のミッションを遂行していくのであった。

 マリガンは、「私はいつも、他の人がその役を演じているのを想像して納得できれば、自分は演じません。でも今回は、自分以外の俳優がキャシーを演じると思うと不安と怒りがこみ上げてきました」と本作出演の経緯を語る。また本作の脚本を一読し、その場でフェネル監督に「この役を演じたいと本当に思っている。でもエージェントにはまだ話してないの」と話し、フェネル監督の気が変わる前にどうしても契約を結びたかったことを明かし、「本作を観れば、数え切れないほどの感情を味わうことができる」と作品の魅力をアピールした。

■公開情報
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
7月16日(金)TOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国公開
脚本・監督:エメラルド・フェネル
編集:フレデリック・トラヴァル
出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリーほか
配給:パルコ
2020年/アメリカ/英語/113分/シネスコ/ドルビーデジタル/原題:Promising Young Woman/日本語字幕:松浦美奈/PG-12/ユニバーサル映画
(c)Focus Features(c)2020 Focus Features, LLC.
公式サイト:pyw-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる