キャリー・マリガンの感情の移ろい 『プロミシング・ヤング・ウーマン』新場面写真公開

キャリー・マリガンの感情の移ろい 『プロミシング・ヤング・ウーマン』新場面写真公開

 7月16日公開の映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』の場面写真が公開された。

 本作が長編デビュー作となるエメラルド・フェネルが監督を務めた本作は、第93回アカデミー賞で主要5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞。“前途有望な若い女性”だったキャシーは、ある事件によって医大を中退し、カフェの店員として平凡な毎日を送っている。その一方、夜ごとバーで泥酔したフリをして、お持ち帰りオトコたちを待ち構えていた。ある日、今は小児科医となったハンサムな元クラスメートがカフェを訪れる。この偶然の再会こそが、キャシーを忌まわしい過去へと引き戻すことになる。

 公開されたのは、キャリー・マリガン演じる主人公・キャシーの感情の移ろいが読み取れる場面写真3点。キャシーは、ある事件によって医大を中退しカフェで働き平凡な日々を送っている。そんなキャシーはある日、大学時代のクラスメートのボー・バーナム演じるライアンと再会し、これまで封じ込めていたポジティブな感情が芽生え始める。しかし一転、キャシーは仁王立ちでバールを右手に道路に立ち尽くしている姿も切り取られている。

 また、先日行われたアカデミー賞で、初めて手がけた長編作品で脚本賞を受賞したフェネル監督は、予期せぬ受賞に、「オスカー像ってこんなに大きくて冷たいものなのね!」と茶目っ気たっぷりの反応を見せ、また想定外のスピーチに「何も用意してなかったわ!」と大慌ての様子を見せた。

(c)Focus Features
(c)Focus Features
エメラルド・フェネル監督
previous arrow
next arrow
 
(c)Focus Features
(c)Focus Features
エメラルド・フェネル監督
previous arrow
next arrow

■公開情報
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
7月16日(金)TOHOシネマズ 日比谷、シネクイントほか全国公開
脚本・監督:エメラルド・フェネル
編集:フレデリック・トラヴァル
出演:キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリーほか
配給:パルコ
2020年/アメリカ/英語/113分/シネスコ/ドルビーデジタル/原題:Promising Young Woman/日本語字幕:松浦美奈/PG-12/ユニバーサル映画
(c)Focus Features
公式サイト:pyw-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる