川口春奈×横浜流星が振り返る『着飾る恋には理由があって』 「引き出しを広げてもらった」

川口春奈×横浜流星が振り返る『着飾る恋』 

 TBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』が6月22日に最終話を迎える。

 綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていた主人公・真柴(川口春奈)が、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らし、恋や友情を深め、自分らしく生きる姿が描かれてきた本作。

 第9話のラストで真柴は祥吾(向井理)のもとへ。真柴が泣いている姿を誰かに見せないように隠し、寄り添う祥吾の姿には、視聴者からの反響が寄せられた。

 祥吾から救いの言葉を受ける真柴、北海道での再チャレンジに心が揺れ動く駿(横浜流星)、陽人(丸山隆平)からの突然のプロポーズに戸惑う羽瀬(中村アン)、そして、礼史(生瀬勝久)から「もう一度やり直したい」と言われた香子(夏川結衣)……。シェアハウスメンバーは、将来に向かって、どう歩みを進めていくのか。

 本作を通して、川口春奈と横浜流星に3度目のインタビューを実施。これまでの名シーンや、撮影現場でのエピソードを振り返りながら、最終話に向けての想いを話してくれた。(編集部)

第1話「駿の心が真柴に向き始めて、今がある」

――ドラマは、まもなくクランクアップを迎えます。

川口春奈(以下、川口):現場の雰囲気は、最初からとってもよくて。(中村)アンちゃんと横浜くんとは同じ作品で共演したこともあったし、「はじめまして」じゃない方が多かったので、すごく楽しいというか、誰にも気を使わず、のびのびお芝居できる環境でした。まもなく終わってしまうことが寂しいですね。

横浜流星(以下、横浜):すごく安心感のあるメンバーだったので、毎日撮影に行くのが楽しかったです。川口さんと同じで、みなさん、年齢が違えど気を使わずにいられるし、そういう雰囲気を作ってくださるので、本当に楽しくのびのびと撮影できました。「あともう少しか」って考えると寂しいです。

――これまでの撮影を振り返って、とくに印象的だったシーンを教えてください。

川口:毎回、心を持っていかれるような場面は必ずあるんですけど、4話で羽瀬ちゃんの妊娠してる、してない、という話から、みんなが距離を保ちつつも、優しく見守っているようなシーンです。そのあと2階に上がって、駿から最中(もなか)をもらうくだりもそうですね。火曜10時枠で、キラキラした恋愛ドラマの描写ももちろんあるけど、人がそばにいることの温かさ、心強さみたいなものが、個人的にはグッときて。あの回は印象的です。

横浜:僕は、1話で駿が作ったカレーを真柴が食べて、「おいしい」と言うシーンです。どんなに辛いことがあっても前を向こうとしている姿を見た時に、僕も駿と一緒で、かっこいいなと思ったし、心を動かされました。それに、そこから駿の心が真柴に向き始めて、今があるのかなと思います。あとは2話で、真柴に「あなた天才よ」と言ってもらえるところ。駿はずっと過去から逃げてきたけど、真柴がそれをボソッと吐ける雰囲気を作ってくれる。ふだんはあれだけ自由にしていて強気だったのに、弱気なことを吐けるのがいいなと思ったし、それを受けた真柴が、その言葉を駿にかけてくれて。あそこで駿が真柴に恋に落ちたというか、2人が影響し合うようになっていくので、その始まりは印象に残っています。

――ラストの冷蔵庫キスは、まだ第2話にしてドキッとする展開でした。

横浜:たしかに、冷蔵庫のふたりが交差しあっていくところは、たくさん段取りをしました。どうすれば自然にできるか、と。見つめ合って、キスしようとしてするんじゃなくて、吸い込まれるようにするっていうのは、細かく演出をしていただいて、大事にやっていました。

川口:「ここでする!?」みたいな、いろんな意見があると思いますけど、私は台本を読んだ時に違和感はなくて。そこに持っていくまでの2人のやりとりのほうが大事かなと思っていました。前段階で、お互いが認め合う、理解し合う、わかろうとするような気持ちを作っておくほうが大事だったのかなと。キスシーンはアングルが大切で、より綺麗に見えるアングルを探って撮ってもらうので、毎回リハ―サルを重ねていましたね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる