安田顕、『ドラゴン桜』で国語特別講師に 阿部寛との共演は“役者としてのモチベーション”

安田顕、『ドラゴン桜』で国語特別講師に 阿部寛との共演は“役者としてのモチベーション”

 安田顕が、5月30日放送のTBS日曜劇場『ドラゴン桜』第6話に出演する。

 2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした『ドラゴン桜』の続編となる新シリーズで、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載されていた三田紀房による『ドラゴン桜2』を原作とした本作。前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編だが、今作は今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開も。脚本は、オークラと李正美が務めている。

 安田が演じるのは、国語特別講師・太宰府治。第6話では、桜木(阿部寛)が東大専科の生徒のために3日間の合宿を行い、合宿で桜木は国語の特別講師として太宰府を招集する。太宰府は、原作の『ドラゴン桜2』(三田紀房)にも登場している国語の特別講師。前作の『ドラゴン桜』でも国語の特別講師に芥山龍三郎が登場したが、今作では太宰府が生徒たちの「読解力」を強化するために登場する。

 安田と主演の阿部は同じ日曜劇場『下町ロケット』シリーズ(TBS系)で共演し、先輩・後輩の役柄で息の合った芝居を見せてきた。

 また、第6話で東大専科が行う合宿は、勉強だけでなく、受験に挑むために最適な食事・運動・生活習慣などあらゆるメソッドを駆使し、桜木が生徒たちと向き合う。そして、未だ東大専科に加入していない藤井(鈴鹿央士)と麻里(志田彩良)を合宿に呼んだ桜木の真意が明らかになる。

コメント

安田顕

【出演オファーを聞いた時の気持ち】
ヒットドラマの続編、お慕いしている阿部寛さんの代表作のひとつでご一緒できることに喜びを感じました。

【太宰府治を演じた感想】
舞台本番後に参加し、粛々と佇み、ひそやかに終わりました。そんな現場の感じが太宰府治っぽかったのかな。

【日曜劇場『下町ロケット』でも共演した阿部寛の印象】
他局、映画含め、阿部寛さんに定期的にお会いできることが、自分にとってとてもうれしく、役者としてのモチベーションです。きっかけをくださった『下町ロケット』、日曜劇場、そして今回の「福澤監督チーム」との束の間の再会に感謝申し上げます。お誘いくださり、ありがとうございました。

プロデューサー・飯田和孝

『ドラゴン桜』に登場する特別講師は、目からウロコの勉強法を教えることはもちろん、「この人から学びたい」と思える、生徒のモチベーションを上げるワクワクするキャラクターでないといけないと思っています。今回、安田顕さんに演じていただけることになり、リハーサルの第一声から、私自身が高揚感を得ることができました。安田顕さん演じる太宰府治の授業を、お茶の間で家族揃って楽しんでいただければうれしいです。

※高橋海人の「高」は「ハシゴダカ」が正式表記。
※鶴ヶ崎好昭の「崎」は「たつさき」が正式表記。

■放送情報
日曜劇場『ドラゴン桜』
TBS系にて、毎週日曜21:00~放送
出演:阿部寛、長澤まさみ、高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、西山潤、西垣匠、吉田美月喜、内村遥、山田キヌヲ、ケン(水玉れっぷう隊)、鶴ヶ崎好昭、駿河太郎、馬渕英里何、大幡しえり、深田竜生(少年忍者/ジャニーズJr.)、林遣都、佐野勇斗、早霧せいな、山崎銀之丞、木場勝己、江口のりこ、及川光博ほか
原作:三田紀房『ドラゴン桜2』(講談社刊)
プロデュース:飯田和孝、黎景怡
脚本:オークラ、李正美
演出:福澤克雄ほか
製作著作:TBS
(c)TBS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる