ケリー・ライカート監督特集上映、7月より全国開催へ キャリア初期の4本がラインナップ

ケリー・ライカート監督特集上映、7月開催

 ケリー・ライカート監督の特集上映『ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ』が、7月より渋谷シアター・イメージフォーラムほかにて開催されることが決定した。

 1964年にフロリダ州マイアミで生まれたライカート監督。2020年9月のイメージフォーラム・フェスティバルはじめ一部の劇場で上映された際には、チケットが即完売となった。

 本特集上映では、ライカート監督の初期作4本がラインナップ。1994年にインディペンデント・スピリット賞で3部門ノミネート、出品されたベルリン映画祭、サンダンス映画祭でも話題を呼んだ長編デビュー作『リバー・オブ・グラス』に加え、ヨ・ラ・テンゴが楽曲提供し、ウィル・オールダムが主演を務めた2006年の『オールド・ジョイ』、『オールド・ジョイ』を観てライカート監督に自らアプローチしたミシェル・ウィリアムズを主演に迎えた『ウェンディ&ルーシー』、そして再び主演にウィリアムズを迎え、ゾーイ・カザン、ポール・ダノらが出演した、ヴェネチア国際映画祭SIGNIS(国際カトリック映画事務局)賞受賞作『ミークス・カットオフ』を上映する。

 なお、『オールド・ジョイ』以降の作品は、『リバー・オブ・グラス』を絶賛したトッド・ヘインズが製作総指揮を務めている。

210611_kelly_flyer_fix
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub02
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub01
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub03
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub04
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub05
0528_kellyrikert_riverofglass_sub3
0528_kellyrikert_riverofglass_sub2
0528_kellyrikert_riverofglass_sub1
0528_kellyrikert_oldjoy_sub04
0528_kellyrikert_oldjoy_sub03
0528_kellyrikert_oldjoy_sub02
0528_kellyrikert_oldjoy_sub01
0528_kellykert_wndyandlucy_sub07
0528_kellykert_wndyandlucy_sub01
0528_kellykert_wndyandlucy_sub02
0528_kellykert_wndyandlucy_sub03
0528_kellykert_wndyandlucy_sub04
0528_kellykert_wndyandlucy_sub05
0528_kellykert_wndyandlucy_sub06
0528_kellyrikert_sub01
previous arrow
next arrow
 
210611_kelly_flyer_fix
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub02
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub01
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub03
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub04
0528_kellyrikert_meekscutoff_sub05
0528_kellyrikert_riverofglass_sub3
0528_kellyrikert_riverofglass_sub2
0528_kellyrikert_riverofglass_sub1
0528_kellyrikert_oldjoy_sub04
0528_kellyrikert_oldjoy_sub03
0528_kellyrikert_oldjoy_sub02
0528_kellyrikert_oldjoy_sub01
0528_kellykert_wndyandlucy_sub07
0528_kellykert_wndyandlucy_sub01
0528_kellykert_wndyandlucy_sub02
0528_kellykert_wndyandlucy_sub03
0528_kellykert_wndyandlucy_sub04
0528_kellykert_wndyandlucy_sub05
0528_kellykert_wndyandlucy_sub06
0528_kellyrikert_sub01
previous arrow
next arrow

■公開情報
特集上映『ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ』
7月より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次開催

『リバー・オブ・グラス』
監督:ケリー・ライカート
脚本:ケリー・ライカート、ジェシー・ハートマン
出演:リサ・ドナルドソン(リサ・ボウマン名義)、ラリー・フェセンデン、ディック・ラッセル、スタン・カプラン、マイケル・ブシェミ
撮影:ジム・ドゥノー
編集:ラリー・フェセンデン
音楽:ジョン・ヒル
プロダクション・デザイナー:デヴィッド・ターンバーグ
衣装デザイン:サラ・ジェーン・スロットニック
製作:ジェシー・ハートマン、ケリー・ライカート
1994年/アメリカ/スタンダード/カラー/76分
(c)1995 COZY PRODUCTIONS

『オールド・ジョイ』
監督・編集:ケリー・ライカート
脚本:ケリー・ライカート、ジョナサン・レイモンド
製作:ジュリー・フィッシャー、ラース・クヌードセン、ニール・コップ、アニッシュ・サヴィアーニ、ジェイ・ヴァン・ホイ
製作総指揮:トッド・ヘインズ、ラージェン・サヴィアーニ、ジョシュア・ブルーム、マイク・S・ライアン
出演:ダニエル・ロンドン、ウィル・オールダム、タニヤ・スミス
撮影:ピーター・シレン
音楽:ヨ・ラ・テンゴ、スモーキー・ホーメル(グレゴリー・“スモーキー”・ホーメル名義)
(c)2005,Lucy is My Darling,LLC.

『ウェンディ&ルーシー』
監督・編集:ケリー・ライカート
脚本:ケリー・ライカート、ジョナサン・レイモンド
製作:ニール・コップ、アニッシュ・サヴィアーニ、ラリー・フェセンデン
製作総指揮:トッド・ヘインズ、フィル・モリソン
出演:ミシェル・ウィリアムズ、ウォーリー・ダルトン、ウィル・パットン、ジョン・ロビンソン
撮影:サム・レヴィ
2008年/アメリカ/ヴィスタ/カラー/80分
(c)2008 Oscilloscope Laboratories.

『ミークス・カットオフ』
監督・編集:ケリー・ライカート
脚本:ジョナサン・レイモンド(ジョン・レイモンド名義)
製作:ニール・コップ、アニッシュ・サヴィアーニ、エリザベス・カスレル、デヴィッド・ウルティア、ヴィンセント・サヴィーノ
製作総指揮:トッド・ヘインズ、フィル・モリソン、ラージェン・サヴィアーニ、アンドリュー・ポープ、スティーヴン・タットルマン、ローラ・ローゼンタール、マイク・S・ライアン
出演:ミシェル・ウィリアムズ、ブルース・グリーンウッド、ウィル・パットン、ゾーイ・カザン、ポール・ダノ
撮影:クリストファー・ブローヴェルト
プロダクション・デザイナー:デヴィッド・ターンバーグ
衣装デザイン:ヴィッキー・ファレル
音楽:ジェフ・グレイス
2010年/アメリカ/スタンダード/カラー/103分
(c)2010 by Thunderegg,LLC.

配給:グッチーズ・フリースクール、シマフィルム
提供:シマフィルム、東映ビデオ
公式Twitter:https://twitter.com/kelly2021_jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる