『ココ・シャネル 時代と闘った女』予告編公開 ジャン・コクトーやチャーチルの姿も

『ココ・シャネル 時代と闘った女』予告編公開 ジャン・コクトーやチャーチルの姿も

 ココ・シャネルの最新ドキュメンタリー『ココ・シャネル 時代と闘った女』の予告編が公開された。

 世紀を生き抜いたブランドCHANELのデザイナー、ココ・シャネル没後50年、そして彼女を象徴する香水となった「No.5」誕生100年にあたる2021年。

 第一次世界大戦後、「皆殺しの天使」とまで称されるほど19世紀的な価値観を葬り去り女性を因習から解放して、女性として史上初の世界的実業家となったシャネル。ピカソ、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、コクトーなどの芸術家、チャーチルやウィンザー公などの政治家や王侯貴族との交流などを通じて得たインスピレーションと人脈を駆使し、モードの帝国を第二次世界大戦前までに築き上げていた。

 ところが、ナチスドイツによるパリの占領が解けた1944年、彼女は突如としてパリを脱出しスイスへ向かう。以後、齢70歳にして劇的な復活を遂げる1957年まで、10年あまりもの長きにわたり沈黙した。シャネル自身により、また評伝や映画などで虚実ないまぜの様々な物語が語られてきたが、それらの多くは確証を持って暴かれる2011年以前のもの。本作では、この実証を踏まえた上で、毀誉褒貶の激しい、多面的で孤独なシャネルの生涯と実像に迫る。

映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』予告編

 公開された予告編は、ココ・シャネルの人生と、当時のフランス文化が垣間見える貴重な映像と共に、ランベール・ウィルソンの語りで紹介されている。生み出した数々のモードを紹介するところから始まり、フランスの芸術家ジャン・コクトーは、自身が耳にしたシャネルの噂を語る。チャーチル、エドワード8世、ウェストミンスター公と次々と恋人を変え、ピカソ、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、コクトーなど芸術家を支え、彼女の周囲には時代を代表する一流の人々がいた。後半モード界の帝王は、ナチスからパリが解放された1944年、すべてを捨て突然スイスに向かう。近年明らかになった衝撃の事実と共に、ロミー・シュナイダー、ジャクリーン・ケネディなど著名人が愛したシャネル・スーツで衝撃の復活を遂げるまで、類まれなセンスで時代を読み、生き抜いていく、ココ・シャネルの姿が収められている。

20210520-chanel-02
20210520-chanel-03
20210520-chanel-04
20210520-chanel-05
20210520-chanel-06
previous arrow
next arrow
20210520-chanel-02
20210520-chanel-03
20210520-chanel-04
20210520-chanel-05
20210520-chanel-06
previous arrow
next arrow

■公開情報
『ココ・シャネル 時代と闘った女』
7月23日(金)より、Bunkamuraル・シネマほかにて全国順次公開
監督・脚本:ジャン・ロリターノ
ナレーション:ランベール・ウィルソン
字幕:松岡葉子
配給:オンリー・ハーツ
フランス/2019年/55分
(c)Slow Production, Arte France

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる