『桜の塔』玉木宏の“完全敗北”で第1部が終了 椎名桔平の凄まじい悪役ぶりが話題に

『桜の塔』玉木宏の“完全敗北”で第1部が終了 椎名桔平の凄まじい悪役ぶりが話題に

 『桜の塔』(テレビ朝日系)は第5話にて、激動の第1部が完結を迎えた。東大派の警務部長・吉永(光石研)、薩摩派の警備部長・権藤(吉田鋼太郎)に続き、漣(玉木宏)の相手となるのは、外様派の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)。結婚相手である優愛(仲里依紗)の父親であり、漣の直属の上司、そして父・上條勇仁(岡部たかし)を死に追いやった相手だ。

 漣の目的は殺された親父の弔い。5年前に起こった未解決の傷害事件は千堂のスポーツカーに乗った優愛が起こしたものであり、それを千堂がもみ消していたことを漣が告発し、失脚させようとする。

 事件の証拠も週刊誌への記事提供も周到に準備していた漣だったが、千堂の方が何もかもが一枚上手。「何もできなかった」と漣は雨に打たれ、ずぶ濡れの状態で敗北を味わうこととなる。

 権藤との攻防戦を上回る、台本にして合計20ページ、物語の3分の1を占める千堂との対決は、結局は権力を持った者の前では無力であることを表していた。ドライブレコーダーの映像を提供してくれた佐久間(少路勇介)にも、傷害事件を報道すると約束してくれた週刊誌記者の相澤(松田賢二)にも、挙句の果てには全幅の信頼を寄せていたクラブ「S」のママ・小宮(高岡早紀)にも裏切られる漣。再就職先、さらなるスクープネタ、母親の命とそれぞれの駒の大事なものを握ることにより、彼らは飼い主である千堂の従順な犬と化す。

 同時にその裏切りは漣の心をぼっきりと折ることに成功している。追い詰めるはずがいつの間にか自分自身が追い詰められていく漣。結果は千堂が宣言していた「俺はお前ごときが倒せる相手じゃないんだよ」のセリフそのままに。恨みと悔しさが入り混じった表情は、やがて絶望へと変わっていく。かつては「右腕」として自分を認めてくれていた千堂から蹴りを入れられるのは屈辱以外の何物でもない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる