イ・ビョンホンとハ・ジョンウがガンアクションで対峙 『白頭山大噴火』予告編公開

イ・ビョンホンとハ・ジョンウがガンアクションで対峙 『白頭山大噴火』予告編公開

 8月27日に公開されるイ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソクが共演する映画『白頭山大噴火』の予告編が公開された。

 本作は、『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズの撮影監督を務めたキム・ビョンソがタッグを組み、『パラサイト 半地下の家族』『神と共に』シリーズのデクスタースタジオが制作に参加した本格ディザスタームービー。北朝鮮と中国の国境付近に位置し、朝鮮半島で最も高く、1000年に一度大噴火を起こすと言われる実在する山・白頭山が、もし大規模噴火を起こしたら一体、朝鮮半島はどうなってしまうのかという発想で作られた。

 愛する家族を守るため、北朝鮮へ潜入し命がけの任務に就く韓国軍爆発物処理班チョ・インチャンを演じるのは、『神と共に』シリーズのハ・ジョンウ。そして作戦のカギを握る工作員リ・ジュンピョンにはイ・ビョンホンが扮し、デビュー以来初めての北朝鮮側の人物を演じる。また、大噴火を予見する地質学者カンを、『新感染 ファイナル・エクスプレス』のマ・ドンソクが演じる。さらに、『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、元missAで『建築学概論』などに出演したペ・スジらが集結した。

映画『白頭山大噴火』予告編

 公開された予告編は、轟音とともに北朝鮮と中国の国境にそびえる白頭山が噴火する場面からスタート。その衝撃でマグニチュード7.8の地震が発生し、ソウル市内も大パニックになり、音を立てて崩れ落ちる高層ビルから間一髪で逃げるインチャン(ハ・ジョンウ)の姿が。この未曾有の危機的事態に、白頭山の地質に詳しいカン教授(マ・ドンソク)が「強い爆発でマグマ溜りの圧力を下げる」「つまり核爆発です」と驚くべき方法を提言。インチャンら韓国特殊部隊のチームが命がけで北朝鮮に潜入、核の行方を知る謎めいた北の工作員ジュンピョン(イ・ビョンホン)に接触する様子が、スピード感と迫力あるガンアクションとともに展開される。

 劇中、北朝鮮の方言から中国語、ロシア語まで複数の言語に挑戦したイ・ビョンホンは、「さまざまな面を見せるキャラクターで、観客にもジュンピョンという人物を常に注視してほしいと思いながら演技をした」と語り、対するハ・ジョンウも「自分の置かれた状況に合わせて責任感を持ち、作戦をどうにか成功させようとしながら成熟していく人物」と評している。

■公開情報
『白頭山大噴火』
8月27日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンウ
出演:イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソク、チョン・ヘジン、ペ・スジ
提供:ツイン・Hulu
配給:ツイン
(c)2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:paektusan-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる