『恋はDeepに』近づく綾野剛と石原さとみの距離 大谷亮平演じる兄・光太郎も本領発揮?

『恋はDeepに』近づく綾野剛と石原さとみの距離 大谷亮平演じる兄・光太郎も本領発揮?

 今話でなんとなく全容が見えてきたのが兄・光太郎(大谷亮平)の思惑だ。どうやら「星ヶ浜海岸の事前水質調査」として、海音の叔父(という設定)の鴨居教授(橋本じゅん)にお金と引き換えに“開発を進めても問題ない”とする偽の調査報告書を出させていたようだ。

 母親不在に関する何かしら海にまつわる事故について、倫太郎の過失をずっと許せずにいる光太郎は、海音のことも“建設を中止させるためにアドバイザーに招いた”というテイをとりながらも実際には“海音を使って排除したい人間(おそらく倫太郎)がいたから”というのが本心のようだ。

 大谷亮平といえば、醸し出すマイルドな雰囲気が印象的で、『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)で狂気的な妻と元カノの間で振り回され、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で演じた風見涼太役でも交際相手には不自由しないだろうが結婚に否定的なスーパーイケメンを演じ、どちらかと言えば“受け”の演技のイメージが強い。そんな彼が本作で見せてくれる、女性社員からの人気は簡単にかっさらえる程度には外面が良いものの内心は誰にも心を許しておらず、実際には他人を寄せ付けない“悪い男”の顔は、とても新鮮に映る。こちらもこちらで見事ハマり役だ。冷静沈着に粛々と水面下で自分の思うように物事を運びながらも、倫太郎には皮肉をこぼし彼を焚きつけるとても良い配役だろう。

 次週、今度は海音と倫太郎、さらに海音の後輩研究員の藍花(今田美桜)と倫太郎の弟・榮太郎(渡邊圭祐)のWデートの様子が描かれるらしい。海音にとっては気になる恋敵のような存在も明らかになるようで、恋愛要素も加速していく『恋ぷに』と、そんな最中に遂に差し込まれる禁断の真実の告白“私、人間じゃないの”以降の展開がとにかく気になって仕方ない。

■佳香(かこ)
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで劇場鑑賞映画本数は年間約100本。Twitter

■放送情報
4月期水曜ドラマ『恋はDeepに』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:石原さとみ、綾野剛、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐、橋本じゅん、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
脚本:徳尾浩司
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:枝見洋子、畠山直人、鈴木香織(AX-ON)、山口雅俊(ヒント)
演出:鈴木勇馬、岩本仁志、伊藤彰記
主題歌:back number「怪盗」(ユニバーサル シグマ)
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/deep/
公式Twitter:@deep_ntv
公式Instagram:@deep_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる