『おちょやん』宮澤エマと毎田暖乃が再登場! 肉親との再会に泣き出したい千代

『おちょやん』宮澤エマと毎田暖乃が再登場! 肉親との再会に泣き出したい千代

 初めての顔と懐かしい顔。『おちょやん』(NHK総合)第102回では、人間交差点のような京都の路地裏で再会と出会いが交互に訪れる。

 千代(杉咲花)を探しに京都へやってきたNHK大阪中央放送局の酒井(曾我廼家八十吉)と桜庭(野村尚平)。受付のミヨちゃんの情報から尋ね当てた町家は、少女とその祖母、最近移ってきた女性の3人暮らし。女性は千代だった。

 前話で継母の栗子(宮澤エマ)と千代の子ども時代を演じた毎田暖乃の再登場に、視聴者からは驚きの声が上がった。「栗子がなぜ千代と一緒にいるのか?」「この子どもは誰?」など疑問に答えるのは黒衣の桂吉弥。語り起こすのは1年前の千秋楽の夜だ。雨宿りをする千代の下に1人の女性が歩み寄る。

 生きていればいつか出会うとは思っていたが、まさかここで再会するとは。9歳の千代を追い出した栗子が、30数年を経て濡れそぼった義理の娘に傘を差し出す。そこにはどんな心境の変化があったのか? 栗子について私たちが知っているのは、テルヲ(トータス松本)とヨシヲ(倉悠貴)から聞いた断片的な事実だけ。千代が18歳でテルヲと再会した時には、すでにテルヲは栗子と別れ、ヨシヲも家を飛び出していた。

 「あんたのこと捜しに来たんやがな」という栗子は、千代がいることを知っていたようだ。千代に声をかけた理由は、孫の春子(毎田暖乃)の面倒を見てもらうため。ちょっと勝手すぎるのではないかと思うが、行くあてもないので付いていく千代。京都で、千代は小さい頃の自分と瓜二つ(当たり前)な春子に対面する。春子の母はテルヲと栗子の子どもで、千代の会ったことのない妹だろう。春子の両親は戦争で帰らぬ人になっていた。

 自分を追い出した義母に頭を下げられても、千代には返す言葉がない。一平(成田凌)と離婚し、家族という夢に破れた千代は、むしろ泣き出したいような気持ちだったろう。「何やねんな、みんな。ずるいわ。うちはもっとずっと前から1人やった」。それでも千代は泣きじゃくる春子を放っておくことができない。そこにいるのが、かつての自分だったからだ。

 泣けるものなら千代だって泣きたかったのだ。奉公に出されたあの日。ヨシヲがいなくなったあの日。そして、ただ1人の理解者だと思っていた一平が自分の元を去った日。誰かの孤独を埋めると他の誰かが孤独になる世の中で、それでも寄り添うことができるのが血のつながった家族ゆえなら、それもまた哀しい。

■石河コウヘイ
エンタメライター、「じっちゃんの名にかけて」。東京辺境で音楽やドラマについての文章を書いています。ブログTwitter

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる