滝藤賢一、劇中アニメの声優として『コタローは1人暮らし』に出演 「感無量です」

滝藤賢一、劇中アニメの声優として『コタローは1人暮らし』に出演 「感無量です」

 4月24日よりテレビ朝日系で放送がスタートする横山裕主演ドラマ『コタローは1人暮らし』。本作の劇中アニメ『とのさまん』の主人公の声を滝藤賢一が務めることが決定した。

 本作は、累計発行部数100万部を突破した津村マミの同名コミックをドラマ化するもの。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進。ある日突然、隣の部屋に何やら訳アリな1人暮らしの5歳児・さとうコタローが引っ越してくる。誰よりもしっかりしているかと思えば、時に子どもらしい本音をのぞかせるコタローと衝撃の出会いを果たしたことで、狩野をはじめ同じアパートの住人たちも、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、少しずつ成長していく。

 脚本を担当するのは、『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)や『偽装不倫』(日本テレビ系)、『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)など、コミック原作のドラマを数多く手がける衛藤凛。映画『マザーウォーター』、ドラマ『パンとスープとネコ日和』(WOWOW)、『きょうの猫村さん』(テレビ東京)の松本佳奈が演出を担当。主演の横山が自堕落な生活を送る売れない漫画家・狩野進を演じる。

 「わらわは~」「くるしゅうない」など不思議な話し方で狩野を驚かせるコタローは、アニメ『とのさまん』の熱烈なファン。そんなコタローの愛を一身に受ける重要なキャラクター・とのさまんの声を担当する滝藤は、「いつかヒーローをやりたいと熱望していたので感無量です。マイルドに明るくパキパキとしゃべるように心がけました。ドラマをご覧になる子どもたちが真似したくなるようなヒーローになっていればうれしい!」と語る。さらに、このアニメの主題歌「いずれおぬしもとのさまん」も滝藤が担当する。

滝藤賢一(とのさまんの声)コメント

いつかヒーローをやりたいと熱望していたので感無量です。オファーをいただいた時、是非やらせていただきたい。そして、あわよくば“実写とのさまん”として出演したいと、思いの丈を伝えました。
私は、どちらかというと悪役声なので、なるべくマイルドに明るくパキパキとしゃべるように心がけました。ドラマをご覧になる子どもたちが真似したくなるようなヒーローになっていればうれしいです。
主演の横山くんは、原作の狩野進と瓜二つですよね! 横山くんをモデルにされたんじゃないかと思うほどでした。台本のセリフを読んでいても、もはや横山くんの顔しか思い浮かびません。放送が楽しみです。脚本がとてもキュートで、読んでいるだけでほっこりします。
この大変な時代、より多くの方にこのドラマを観て癒されていただきたい。そして、もしかしたら、私も出演するかも……。けけけけけ(笑)。

■放送情報
『コタローは1人暮らし』
テレビ朝日系にて、4月24日(土)スタート 毎週土曜23:30~0:00放送
出演:横山裕、川原瑛都、山本舞香、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、生瀬勝久、光石研、峯村リエ、大倉孝二、イッセー尾形、出口夏希
原作:津村マミ『コタローは1人暮らし』(小学館)(『ビッグコミックスペリオール』で連載中)
脚本:衛藤凛
音楽:篠田大介
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:都築歩(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
監督:松本佳奈 ほか
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日、ジェイ・ストーム
(c)津村マミ/小学館(『ビッグコミックスペリオール』連載中) (c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる