アップリンク渋谷、コロナ禍の影響で5月20日をもって閉館 26年の歴史に幕

アップリンク渋谷、コロナ禍の影響で5月20日をもって閉館 26年の歴史に幕

 映画館「アップリンク渋谷」が、5月20日をもって閉館することが発表された。

 1995年、神南に「アップリンク・ファクトリー」の名で、イベントスペースとしてオープン。2004年に現在の宇⽥川町に移転し、「アップリンク X」 と名付けた⽇本⼀⼩さな映画館としてスタート。カフェやギャラリー、3スクリーンへと拡⼤し、「アップリンク渋⾕」として「ファクトリー」から26年間にわたり渋⾕を拠点として活動してきた。

 代表の浅井隆氏は、閉館の理由について、「設備や機材の⽼朽化による再投資を考えなければならない時に、コロナ禍に襲われた」ことを挙げ、「昨年は助成⾦、補助⾦もあり、ぎりぎり⽣き延びることができましたが、今年はさすがに限界を超える状態で、再投資をしても先が⾒えない状況」と苦渋の決断だったことを明かした。

 なお、アップリンク会員、未来チケット、ソフトドリンク付き回数券、招待券については、「アップリンク吉祥寺」「アップリンク京都」にて利用可能。会費の払い戻し希望者には、5月21日より問い合わせ窓口が開設される予定だ。

 アップリンク代表、浅井隆氏のコメント全文は下記の通り。

浅井隆 コメント全文

「アップリンク渋谷」を2021年5月20日をもって閉館します。

四半世紀以上、渋谷のアップリンクが続けてこられたのは、観客の皆さんはもちろんのこと、そこで、表現してくれたアーティスト、企画者、映画監督、配給会社、そしてこれまで、運営を支えてくれた全てのアップリンクのスタッフのおかげです。本当に、本当にありがとうございました。

1995年、神南に「アップリンク・ファクトリー」という名で、イベントスペースをオープンしました。当時アップリンクで出版していたインディペンデント・カルチャー雑誌『骰子』の立体版というコンセプトで、数多くのライブやイベントを行い、そして上映は当初16ミリとDVcamで行っていました。現在の宇田川町に2004年に移転し、「アップリンクX」と名付けた日本一小さな映画館としてスタートしました。その後、カフェやギャラリー、3スクリーンへと拡大し、インディペンデント・カルチャーのホットスポットとなるべく「アップリンク渋谷」として「ファクトリー」から数えると26年間渋谷を拠点として活動してきました。

設備や機材の老朽化による再投資を考えなければならない時に、コロナ禍に襲われました。収入が途絶えた時、最初に一番の支援となったのは、「アップリンク・クラウド」の見放題パックや「アップリンク・ソフトドリンク付き回数券」を購入してくださった方達のご厚意でした。また「ミニシアターエイド未来券」では多くの方が「アップリンク渋谷」を指定して支援してくださいました。心より感謝いたします。昨年は助成金、補助金もあり、ぎりぎり生き延びることができましたが、今年はさすがに限界を超える状態で、再投資をしても先が見えない状況となり、閉館という決断を余儀なくされました。

また、弊社のハラスメントの問題では皆様にご迷惑とご心配をおかけし、信頼を裏切るような形になってしまったこと、申し訳ありませんでした。引き続き、ハラスメントのない会社づくりに向け、社長及び従業員一同取り組んでいきます。

今後は、現在の拠点である「アップリンク吉祥寺」「アップリンク京都」そして「アップリンク・クラウド」を引き続きよろしくお願いします。

浅井隆
アップリンク代表

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる