アカデミー賞国際長編映画賞エントリー作品 『アウシュヴィッツ・レポート』7月公開決定

 第93回アカデミー賞国際長編映画賞にエントリーされたスロバキア代表作品である『The Auschwitz Report(英題)』が、邦題『アウシュヴィッツ・レポート』として7月30日より全国公開されることが決定した。

 1944年4月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。遺体の記録係をしているスロバキア人のアルフレートとヴァルターは、日々多くの人々が殺される過酷な収容所の実態を外部に伝えるため脱走を実行した。同じ収容棟の囚人らが何日も寒空の下で立たせられ、執拗な尋問に耐える中、仲間の想いを背負った二人は、なんとか収容所の外に脱走し、ひたすら山林を国境に向けて歩き続けた。奇跡的に救出された二人は、赤十字職員にアウシュヴィッツの信じられない実態を告白し、レポートにまとめた。果たして、彼らの訴えは世界に届き、ホロコーストを止めることができるのか。

 アウシュヴィッツ強制収容所を脱走した二人の若いスロバキア系ユダヤ人のレポートによって、12万人のユダヤ人の命が救われた実話をもとにした本作は、スロバキア人のペテル・ベブヤクが監督を務め、第93回アカデミー賞国際長編映画賞のスロバキア代表に選出された。脱走する二人のスロバキア人は、『オフィーリア 奪われた王国』のノエル・ツツォル、新人のペテル・オンドレイチカが熱演。二人を救済する赤十字職員には『ハムナプトラ』シリーズのジョン・ハナーが演じている。

 あわせて公開された日本版ポスターは、アウシュヴィッツ収容所から脱走する主人公の姿が大きく使用され、「ホロコーストの真実を世界に伝える」というコピーが添えられている。収容所に残る脱走者の仲間たちの表情とこちらを見つめる視線からは、観るものに何かを訴えかけるようなビジュアルとなっている。また、最下部の「脱走者の報告書(レポート)が12万人の命を救った実話」というコピーで、本作が勇気ある脱走者の行動によって、実際に多くの命が救われたという知られざる真実であることがうかがえる。

■公開情報
『アウシュヴィッツ・レポート』
7月30日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督・脚本:ペテル・べブヤク
共同脚本:トマーシュ・ボンビク
製作:ラスト・シェスターク
出演:ノエル・ツツォル、ペテル・オンドレイチカ、ジョン・ハナー
配給:STAR CHANNEL MOVIES
後援:スロバキア大使館
2020年/94分/カラー/シネスコ/5.1ch /英・チェコ・ポーランド・スロバキア・ドイツ語/スロバキア・チェコ・独/PG-12/原題:Sprava英題:The Auschwitz Report/日本語字幕:川又勝利
(c)D.N.A., s.r.o., Evolution Films, s.r.o., Ostlicht Filmproduktion GmbH, Rozhlas a televizia Slovenska, Ceska televise 2021
公式サイト:auschwitz-report.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる